​三、冷静に見極める

塾の合格実績として○○中学 〇名合格!という表示を見ることがありますが、合格者とあなたのこどもが関係がありますか?

ひとが違えば結果も違いますよね。双子の兄弟でさえ、同じことを教えても成績は同じではありません。

だから、目についた塾の合格実績とあなたの子どもの未来の合格とは、相関性はないのです。

また、「○日で偏差値が上がる!」「偏差値○からの逆転!」なんて、考えないほうが賢明です。

「これを飲めば痩せます!」といったダイエット広告と何ら変わりはありません。

学力は、こどもの資質×方法×努力だけではありません。 家庭環境の全てが偏差値に影響します。

個々にあった学習法を見つけても成績に現れるまで3ヶ月は要します。

寝不足で模試を受けたり、模試当日に叱られたり、模試が悪かったら叱られるなど、不安や心配なイメージを持つだけで成績は急降下します。

本来、実力のある子がなにか模試当日のアクシデントで一時的に成績が下がったときの成績との比較かもしれませんね。

ありのままでいいじゃないですか。

 

こどもの資質は一人ひとり違います。冷静に見極め、そこからスタートすればいいのです。

みんな同じだと思わなければいいのです。

そこから時間をかけて一段づつ上げていくことが、一番の近道です。

一般的な能力のこどもが成績を上げるには時間がかるものです。

親が持つべきイメージは、森の中の登山道を自分のペースで歩き続け、ある日視界がひらけ景色を眺めたら「随分と高いところにいるなぁ。」というものが理想です。 

だから、まわりより一足先にスタートして時間を確保することがポイントです。​

これらは全て、だれもが冷静に考えればわかることなのですが、わが子のことになると我を失ってしまうようです。

© 2020 IQ教室

054-687-9319

Tel