二、親の気持ちを整える1

さて、「何のために学習をするのか?」 親子で真剣に話し合ったことありますか?

​幸せに近づくためには、いっぱい道具はありますよね。

当教室は、勉強は「ひとりひとりが幸せに近づくための道具のひとつ。」と考え運営しています。

運がよく、無理やりやらされた勉強を消化する資質を持っていて合格しても、幸せに近づいたといえるのでしょうか?

入学後の競争は受験勉強の比ではないのです。優秀な生徒ばかり集まっているのですから・・・。

 

学習意欲も同時になけばいけません。

 

現実に中学2年で高校数学が始まり、普通の勉強量ではついていけなくなる子が多くいます。 

合格で手に入れた学生生活の6年の間、日々幸せに近づいていると実感できるのでしょうか?

現実から逃げ、勉強から遠ざかるようになります。

こどもが、毎日決まった時間に親の学習しているうしろ姿をみていると、やがてこどもが始めます。

成績の文句を子供に言ってはいけません。自分が解けないくせに!」と反感を生むだけです。

親の野心をこどもに背負わせてはいけません。「なんでこんな思いしなきゃいけないんだよ。」と恨まれますよ。

こどもは成長とともに自分の考えを持ちます。操り人形ではないのです。

「自分はスマホいじったり好きなことやってるくせに!」​

次第に、親の言うことを聞かなくなります。

勉強をしなくなる原因は親側にもあるのです。

© 2020 IQ教室

054-687-9319

Tel