勉強をはじめる前に 

中学入試は、12才までどのように育ててきたか。を試す親子の試験。

塾に丸投げしても、塾が丸抱えしても成功しません。中学入試成功のカギは家庭学習の復習にあるからです。

素晴らしい実績がある塾に通って、丁寧に教えてくれる講師の授業を受けても「自分で勉強する子」にはかないません。​

塾の同じクラスでみんな同じ内容を勉強してい​るのですから、成績を上げるには、周りよりプラスαの勉強をしなければいけないのです。塾の授業が終わって、どのくらい丁寧に復習したかで成績に違いが生まれます。

そこで、親は子どもが勉強するようにと、いろいろ心配りをしますが、なかなか親の思い通りには取り組んでくれません。

やがて、親は仕方なく「勉強しなさい!」と言いたくなってしまいます。

中学受験の準備はやることがたくさん!

幼いうちは命令しても親の言うことを聞きますが、高学年になると苦さのあまり、サボりたくなったり、隠れて答えをチラチラ写したりする子もでてきます。

これでは、せっかくの中学入試で希望の結果は得られませんよね。​「自分で勉強する子」に育つには、どう触れ合ったらよいのでしょう?

勉強は、​入園・入学をきっかけに始めるものではありませんし、こどもがやりたくないのにやらせるものでもありません。 

そして、やりたがっているのに取り上げるものでもありません。

答えは、勉強は構えず​自然に触れ合い、わが子にあなたの姿を見せ続けることです。

「・・・そうです。お手本となって、あなたが勉強しているうしろ姿をです。」

 

やがてお子さんはあなたに憧れ、あなたからのこんな言葉を期待するようになります。

 

「いっしょにお勉強してみる?・・・・。」

© 2020 IQ教室

054-687-9319

Tel