授業のご案内

授業時間

幼児 

時間:11:00~15:30

小学生

時間:16:00~20:00

休講日:日・月曜日 

授業案内
Classes

指導教科

  1. 中学入試 算数・国語・理科・社会

  2. 幼児英才教育 量感育成・数論理・図形

勉強が進まなくなる第一の理由は、間違いをしたり、解けない問題があると親に怒られることです。

幼児・低学年の募集について

幼児低学年のご家庭には、落ち着いて授業を受けることができるよう、体調と「気持ち」のコンディションを整えた上で授業参加をお願いしております。

​幼児・低学年でも、教室で一度や二度やっただけで理解できるほど平易な問題は取り扱っていません。

お家で必ず復習が必要です。復習は、必ず授業に同席した親とお願いします。

同席していない親のもとで復習しますと「ピンボケ」して伸びません。

幼児低学年では、家で親がわが子に「教える」つもりで勉強を進めますと効果は得られません。

「一緒に学ぶ」つもりでお願いします。

わが子を「できた。できない。」で評価するご家庭は、お互いが不幸になるのを避けるためにお断りします。

当教室の幼児・低学年の授業は公式から求める中学・高校の勉強とは違い、解法からの学習ではありません。

解くための操作を教えても理屈を理解していないため、数日後には同じ問題を間違うからです。

現象の道理・理屈が一つ一つ身につくまで「見る・触る・経験する」時間が必要で、こどもが「まだできない。」ということは、その子が理屈を理解するために必要とする経験が不十分ということを意味します。

高学年の募集について

指導効果を高めるには、生徒はもちろんご家族も含め「一途」に取り組んでいただくことが不可欠です。

例えば、送迎です。

生徒は授業を受けている間も、親の行動を肌で感じ取っています。

「どうせお父さんは、〇〇して待ってるから・・・。」

生徒にこんな気持ちを抱かせる環境では指導効果は見込めません。

つまり親の行動から、どの程度自分を「心配」しているか分かっているのです。

「本気」で心配しているのか、「飾り」としているのか・・・。

車内でスマホをいじっている、車載テレビを見ている、電話して待っている。

「私の受験は、お父さんにとってそんなものなんだ・・・。

決して「お父さんは私のことを心配し考えて行動してくれている」とは思わないでしょう。

学校が終わってから夜遅くまで頑張って勉強した小学生を「迎える親」の行動でありません。

さて、家庭学習が進まない根本理由は何でしょうか?

「もう指示や命令は、言われたくないよ。もう十分頑張っているよ!」という気持ちが原因です。

勉強が嫌いだとか、受験を甘く見ていることが最大の理由ではありません。

子どもは親に「受験生の親としての相応しい態度と行動」をとって欲しいと願っているのです。

発育中の子どもの頭に受験勉強は過酷です。

まだ12歳の子どもが、受験勉強から開放されることのない数年を過ごしているのですよ。

子どもが置かれている状況を慮れば、お子さんの勉強時間中はテレビやスマホを見たり、電話はしていられないはずです。

「一途」とは、このような日常にも気遣いいただくということです。

当教室は講師が一人なので、多くの生徒を受け入れることはできません。

日頃から「成績を上げたい」「志望校に合格したい」と切望する生徒さんの気持ちを何より大切にして、わが子を全面的に支える覚悟をもったご家族とともに、その実現のため全力を尽くしています。

4年生以上で、動機が「親の勧めだから」とか「勉強より優先することがある」といった生徒は、指導効果が得られませんのでお断りしています。

クラス

ご縁を頂いた一人ひとりに私自身の子育ての経験を活かしながら、わが子に教えるように心を込めて授業をしています。

年中・年長​ 1対1授業

ピグマリオンメソッドで中学受験の基礎になる平面図形・空間図形・数論理の基礎能力を育てます。授業形式は、1対1の完全個別指導です。ですから、周りを気にせず、慌てることなく必要な能力を基礎から学習します。保護者同席のもと、家庭学習の進め方を同時にお伝えします。一コマ50分間  

年長 1名募集

年中 1名募集

小 学 生 

1対1授業 2対1個別授業 

一年・二年は算数の中学受験の準備から始めます。三年生からは四科目より選択制。

1年生~3年生 一コマ70分間 

1対1授業 詳しくはお問い合わせください。

1年生~3年生 一コマ80分間 

​4年生~6年生 一コマ90分間

6年生 募集終了

5年生 1名募集(1対1のみ)

4年生 1名募集

3年生以下1名募集

※学力レベルの判断材料として入室時に無料テストがあります。

当教室は指導経験をもとに、その時「最も大切で必要」な学習内容とご家庭での対応を個別に相談しながら提供しています。

礼儀と行儀は学習より先に家庭でご指導お願いします。

着席できない・嫌がる・落ち着かない、ものを勝手に触る、お喋りをするなどの行動の躾はご家庭でお願いします。

授業中、話を聞かない、聞けない小学生の学力は伸びませんのでお断りしています。

また、成績が上がらないことの言い訳を考えたり、乗り越えようと思えないスタンスでは続きませんので、ご遠慮ください。

© 2020 IQ教室

054-687-9319

Tel