いつから本気でやるの?

六年生は、来月本番を迎えますね。


いままで勉強に費やしてきた時間に見合う結果が得られることを切に望みます。



さて、五年生は本番まで一年となりました。


気を引き締めて頑張せなきゃ!と思っている保護者さんもいらっしゃると思います。


今の偏差値はすでに志望校の合格圏内ですか?


合格圏内とは80%偏差値+3~5あればとりあえずOKです。


来年になったら、どの子もいままでで以上に勉強量を増やします。


ですから、学力は上がっても偏差値は上がりにくくなります。


偏差値を上げるには、今が最後のチャンスだと思って過ごしましょう。


最新記事

すべて表示

塾で出される宿題をやっても、成績が上がらないお子さんもいるのではないでしょうか? 同じ塾で同じ講師から授業をうけて、同じ宿題をやって成績が違う・・・。 なぜでしょう? 問題を回答する人間が違うからです。 一番をとるには、誰よりも正確に早く深く理解をしていかなければなりません。 ぼくは右隣の子より成績がいい。でも左隣の子より成績が悪い。 左隣の子は右後ろの子より成績が悪い。 こんなことはよくあること

夏休みに入り自分の課題がハッキリしてきた時期です。 塾の宿題も多くなり、なかなか終わなくなっていませんか? 苦手分野の問題は何度も分かるまで繰り返せばできるようになると思っていると、無駄に時間を使ってしまいます。 大学入試の経験がある大人ほど、自分の経験から子どもにも「勉強をやればできるようになって点数が上がる。」と考えていることが多いようです。 この経験に基づいて、大人は何度も繰り返させます。

この夏休みは塾の夏期講習に行こうと思っている子が多いと思います。 夏期講習に行く目的は何ですか? 成績を上げるには、同じことをしていてもダメです。 みんなと同じことは当たり前、+αで成績が上がります。 どのくらい成績を上げたいの? 受験生であれば偏差値であといくつあげなければいけないのか? 志望校偏差値が60以上の学校で、6年夏に自分の偏差値がまだ2~3足りないのあれば、死にものぐるいでやらないと