うちの子の実力は?

中学受験塾主催の大規模な無料テストが年2回あります。


6月と11月。


なぜ、無料なのでしょう?



そうです、目的は生徒募集ですね。


ブログを読んでいる方は、塾に通わせただけでは成績は上がらないことお気づきだと思います。


通うだけではなく、目的意識、励み、喜びが必要です。



さて、そろそろ成績が返却される時期ではないでしょうか。


...で。


上がっても下がっても同じでも、それが実力です。


4年以下で前回の成績と変わらずの場合は要注意。

学年が上がるごとに、競争が激しくなります。


今のままでは成績アップは厳しくなります。


子どもに勉強をしっかりやっているかと問えば、「勉強やっている。」と答えるはずです。


だから、今以上は勉強できないのです。


成績を上げるには、まず生活を見直しましょう。

目標の偏差値を現在の+2~+3に設定して、そのために必要な勉強内容に絞り込むこと。


子どもは、夢を追いかけてあこがれの志望校を目指すことが大切です。


しかし、親も最初から高い偏差値の志望校を目指すと子どもの負担が大きくなり失敗します。


親が希望する志望校は、徐々に上げていくものです。

時間はあっという間に過ぎてしまいます。


受験の年はすぐ来ます。

最新記事

すべて表示

100点を取る勉強法

テストで70点台までは取れるけど、80点以上はあまり取れない。ということになっていませんか? 反復しながらなんとなく問題を解いているとこんなことになります。 失点の原因は、落としてはいけない基本は理解していますが、応用の理解までしていない。 計算ミスをして失点している。 問題文を正しく読んでいない。...等です。 これは、100点をとるための勉強をしていないということです。 間違えは、なぜ間違えた

集中力を育てるには。

子どもに勉強を教えていると、集中している時間が短いという相談をよく頂きます。 「集中していない。」とは、どんなことでしょうか? 時間が過ぎるのを待っている子 他のことに思いを馳せている子 考えている演技をしている子 説明を「音」として聞いている子 ...などでしょうか? このような態度は、外見上「授業を受けている。」いわれます。 きっと、座って時間がすぎれば、勉強は終わるという経験したことがあるの

成績を維持する方法

高学年で成績を維持するには、「穴」がない勉強をすすめることです。 新しい勉強は、常に既習分野の上に積み重なります。 穴があれば、新しい勉強はなかなか理解できません。 だから、解らないときの勉強は、大抵は基本からやり直しになってしまいます。 同じ方法でやり直すのか、もっと繰り返すのか、違う方法を試すのか、生徒にあったやり方を早く見つけないと時間切れとなります。 高学年では、できるだけ早く穴を探し、塞