できる子の共通点・2

ここで環境に注目してみましょう。


最近、お勉強は「リビングで」というのが流行ですね。


なぜリビングでの学習なのでしょうか?、


1.こどもが、家族に見守られている安心感を持てる


2.分からないところを親に聞ける


3.勉強の進み具合を確認できる。


4.こどもはサボれない。


ですが、場所をリビングしただけでは雑誌の記事ような結果にはなりません。


なぜなら、上記の環境を生かすも殺すも「親次第」だからです。


 こどもがリビングで勉強していても、横で親がスマホをいじったり、テレビを見ていたら勉強に集中できるでしょうか?


小学生の精神力は強くありません。


「みんな好きなことしているのにどうしてオレだけ勉強なんだよ!」という気持ちになります。


これでは効率は上がりません。


お父さんやお母さんが家で仕事をしていたり、新しい業務の勉強をしていたら家の雰囲気は、ガラリと変わります。


横で親がやっていたら、必ずこどもは見習います。


お父さんの「マジメに仕事をしている姿」の横で、こどもが手を抜くはずがありません。


自然とこどもは親に引っ張られて勉強に励みます。


「リビングで学習する」という意味はこういうことです。


「できる子」はこのような家庭環境が多いので、わざわざこどもに厳しくする必要はないのです。


雑誌には、「裏話」は載っていないものです。


自然界の多くの生き物は親の姿を真似して成長します。


人間だけが特別違うのでしょうか?

最新記事

すべて表示

夏は戦略が必要。

この夏休みは塾の夏期講習に行こうと思っている子が多いと思います。 夏期講習に行く目的は何ですか? 成績を上げるには、同じことをしていてもダメです。 みんなと同じことは当たり前、+αで成績が上がります。 どのくらい成績を上げたいの? 受験生であれば偏差値であといくつあげなければいけないのか? 志望校偏差値が60以上の学校で、6年夏に自分の偏差値がまだ2~3足りないのあれば、死にものぐるいでやらないと

学力はいつ伸びるのか?

毎年、4年生にぐらいから多くの小学生が中学受験塾へ通い始めます。 入塾前のテストで学力のレベルをチェックしてクラス分けされます。 この中で、4年生から徐々に成績を上げ最上位クラスに上がっていく子どもがどれだけいるのでしょうか? 入試直前まで伸びるから諦めてはダメだということを毎年夏を過ぎによく聞きます。 でも、それに該当するケースはどれくらいあるのでしょう? 入試は、いす取りゲームです。 先に座っ

答えがあっていればいい?

答えがあっていればいい。宿題を終わらせればいい。という勉強を低学年で進めていると文章題が苦手になります。 文章題が苦手にならないために低学年までは、 1・物事を時系列に整理して考えることができるように、ひらがなが読めるようになったら読書を始めること。 2・出来事を時系列に話す練習をすること。 3・勉強として計算を教えない。 3年生以上では、 4・考えた過程を言葉で説明できるように勉強を進める。 5