できる子の共通点・2

ここで環境に注目してみましょう。


最近、お勉強は「リビングで」というのが流行ですね。


なぜリビングでの学習なのでしょうか?、


1.こどもが、家族に見守られている安心感を持てる


2.分からないところを親に聞ける


3.勉強の進み具合を確認できる。


4.こどもはサボれない。


ですが、場所をリビングしただけでは雑誌の記事ような結果にはなりません。


なぜなら、上記の環境を生かすも殺すも「親次第」だからです。


 こどもがリビングで勉強していても、横で親がスマホをいじったり、テレビを見ていたら勉強に集中できるでしょうか?


小学生の精神力は強くありません。


「みんな好きなことしているのにどうしてオレだけ勉強なんだよ!」という気持ちになります。


これでは効率は上がりません。


お父さんやお母さんが家で仕事をしていたり、新しい業務の勉強をしていたら家の雰囲気は、ガラリと変わります。


横で親がやっていたら、必ずこどもは見習います。


お父さんの「マジメに仕事をしている姿」の横で、こどもが手を抜くはずがありません。


自然とこどもは親に引っ張られて勉強に励みます。


「リビングで学習する」という意味はこういうことです。


「できる子」はこのような家庭環境が多いので、わざわざこどもに厳しくする必要はないのです。


雑誌には、「裏話」は載っていないものです。


自然界の多くの生き物は親の姿を真似して成長します。


人間だけが特別違うのでしょうか?

最新記事

すべて表示

距離感

ある時期になって急に勉強させよう、教えようとがんばる親がいます。 やってみても子供の理解が進まないと親のイライラが段々増していきます。 理解させたい事を理解するために必要な事が、まだ分かっていないのです。 数の理解に必要な事、形の理解に必要な事、これらを飛ばして勉強を始めるからです。 親は、理解力不足の原因は子供にあると思って、プレッシャーをかけてしまいます。 高い枝葉をいっぱいに伸ばしている勢い

学習計画

受験勉強で計画を立て学習を進めていくと、どうしても予定通りに進まないことがあります。 進まなくなる原因は、予定のスピードで理解・処理・記憶が進まないからです。 各教科の宿題、予習のなど限られた時間でやる事は沢山あります。 終わる子、どうしても終わらない子がでてきます。 原因は、理解・処理・記憶の能力差。 これらは、教わって何とかなるものではありません。 終わらない子は、結局計画変更して学習範囲を狭

長続き

長続きしていることは、やっているとき頑張ってるつもりがないことです。 嫌じゃないことです。 なんとなくまたやっている。 暇だからやっている。 誰かに引っ張られて続いていることがほとんどです。 大人でも、頑張って長続きすることはあまりありません。 そして、嫌なことは続かないのが人間です。 大人でもそうなのに、わが子に嫌なことを続けさせようとしてませんか? 嫌なことをやらせるより、好きになることを考え

© 2020 IQ教室

054-687-9319

Tel