できる子の共通点・2

ここで環境に注目してみましょう。


最近、お勉強は「リビングで」というのが流行ですね。


なぜリビングでの学習なのでしょうか?、


1.こどもが、家族に見守られている安心感を持てる


2.分からないところを親に聞ける


3.勉強の進み具合を確認できる。


4.こどもはサボれない。


ですが、場所をリビングしただけでは雑誌の記事ような結果にはなりません。


なぜなら、上記の環境を生かすも殺すも「親次第」だからです。


 こどもがリビングで勉強していても、横で親がスマホをいじったり、テレビを見ていたら勉強に集中できるでしょうか?


小学生の精神力は強くありません。


「みんな好きなことしているのにどうしてオレだけ勉強なんだよ!」という気持ちになります。


これでは効率は上がりません。


お父さんやお母さんが家で仕事をしていたり、新しい業務の勉強をしていたら家の雰囲気は、ガラリと変わります。


横で親がやっていたら、必ずこどもは見習います。


お父さんの「マジメに仕事をしている姿」の横で、こどもが手を抜くはずがありません。


自然とこどもは親に引っ張られて勉強に励みます。


「リビングで学習する」という意味はこういうことです。


「できる子」はこのような家庭環境が多いので、わざわざこどもに厳しくする必要はないのです。


雑誌には、「裏話」は載っていないものです。


自然界の多くの生き物は親の姿を真似して成長します。


人間だけが特別違うのでしょうか?

最新記事

すべて表示

成績を維持する方法

高学年で成績を維持するには、「穴」がない勉強をすすめることです。 新しい勉強は、常に既習分野の上に積み重なります。 穴があれば、新しい勉強はなかなか理解できません。 だから、解らないときの勉強は、大抵は基本からやり直しになってしまいます。 同じ方法でやり直すのか、もっと繰り返すのか、違う方法を試すのか、生徒にあったやり方を早く見つけないと時間切れとなります。 高学年では、できるだけ早く穴を探し、塞

宿題のやり方。

一般的に宿題が出される理由は、理解を深めるためと親は考えます。 一方、子どもはどのように考えているか知っていますか? 殆どの子どもは、終わらせるためにやるものだ考えているいます。 「宿題は終わったの?」という言葉をかけるから、「宿題は終わればいい」と勘違いします。 幼ければ幼いほど素直な受け取り方をします。 これが何回復習しても学習内容が定着しない一つの原因です。 できるようになるためにやることと

夏までに。

偏差値が上がるまでには時間がかかります。 まず勉強をして解法の論理を理解し、論理をアタマの引き出しにしまって、取り出すことから始まります。 練習問題では、問題を解くために論理をどのように関連付けるかを試します。 毎日、復習予習を含め進めるのですが、それでも半月前に理解したはずの内容がスッポリ抜け落ちてたりするものです。 抜け落ちを防ぐために3回程度の復習を一定期間開けながらやってやっと得点できるよ

pixta_34621787_XL.jpg

まずはお気軽に学習相談!

入会を検討される方に無料の学習相談(60分程度)を行っています

ご来校時に指導内容・指導方針・費用をご案内します

お問い合わせフォームから「学習相談希望」を選択の上、送信してください

© 2020 IQ教室