わかる子の育て方

幼児の行動基準は「好きか、嫌いか。」です。


だから、嫌だと思うことから学ぶことはできません。


好きなことからしか学べないのです。


興味を持つ。→ やってみる。→ できた。→ 面白い。→ またやる。→ 好き。


好きなことをやっているときはいろいろ工夫します。


そこで、いろんな力が育ちます。



好きなことをもっと思い通りにしたいから、自分で何とかしようとする。


教えてもらって何とかするのではなく、自由にやるから、創造性が育ち試行錯誤をします。


できなくても失敗と思わない。 だから、長時間やっています。



あなたの子どもが長時間続けられる大好きな遊びは何ですか?



まず、気のすむまで付き合ってやらせてあげることが集中力、忍耐力、思考力、創造力を育てる第一歩です。



「経験が育てる能力」を大人が教えても、身につきません。



わかる子に育てるコツは、ひとり遊び、お手伝い、親との会話を通して、親が目的意識をもって様々な経験させることです。


こどもが笑顔でやれることから始めましょう。

最新記事

すべて表示

形式的知的能力

幼児教育に携わって感じることは、できる・できないという「形式的知的能力」にこだわる親が多いことです。 形式的知的能力とは、解ってないが解ける。ということ。 知的能力は、 掛け算は、どんなこと? 割り算は? そうなるのはなぜ? に答えることができること。 知的能力は毎日の「経験」から育ちます。 生活からしか芽生えません。 知的能力を育てるには、 言葉で意思疎通できる「前」から教育することが大事。 五

赤ちゃんが大切。

赤ちゃんのときはあらゆる面において大切ですが、早くから刺激を与えればよいというものではありません。 それは、体ができあがっていないのに無理な負荷をかけてもやっぱり無理ですし、できるたとしても怪我をするようなものです。 ですから、早めにやればそのときはできているように見えても、試験を受ける年齢で伸び悩んだり、心に傷を負ってしまったり、やり方によっては悪影響をを及ぼしかねません。 さて、人間は感情で動

乳幼児の学習。

小学生対象のブログが続いてしまったので、幼児のテーマも混ぜていこうと思います。 当教室は、小さな頃から将来の学力の素を育成します。 しかしながら、この力は授業だけでは養われません。 同じ授業を受けても、一人ひとり違いがあります。 塗り絵をクレヨンで塗る。 線に沿ってハサミで切る。 左右の認識ができる。 間違い探しが出来る。 紙に書かれた立方体を頭の中で立体図形として認識できるかは、積み木を普段から

© 2020 IQ教室

054-687-9319

Tel