「期待」とは、心待ちにすること。


親はわが子に「期待」するものです。


「親が期待する」→「子どもはがんばる」→「期待された結果が出る」→「親はますます期待する」→「子どもはもっとがんばる」→「.....」


子どもはいつまで頑張らなければいけないのでしょう?


「期待の成績」→「勉強させる」→「成績が足りない」→「もっと勉強させる」→「まだ足りない」→「....」


親がやることは、勉強させることでしょうか?


中学受験は、受験までの子育てが問われる試験です。


やはり、親の資質が問われます。

最新記事

すべて表示

勉強は最初が大事!

算数の勉強を理解するには、内容を理解できるだけの経験が不可欠です。 勉強のタイミングが早過ぎると理解できません。 低学年で勉強を難しく感じてしまったら、進んでやろうとしなくなってしまいます。 また、意味を考えずにただ繰り返してやり方を記憶するというような処理が身についてしまうと、考えながら解くという問題になった途端、思考停止してしまいその癖をが抜けるまで長い時間がかかります。 興味や成長の差がある

親の力で成績を上げる!弐

全国規模のテストや入塾テストなどでわが子の成績がはっきりすると、いままでは子どもの学習について母親に任せていた父親が登場する場合があります。 もっと勉強させようとする母親と口答えする子どものバトルに耐えかねて父親が出てきます。 一、塾なんてやめちまえ!と強制終了させる父親。 二、俺が何とかする!と立ち上がる父親。 本心には、俺の子供なんだからもっとできるはずだ。 こんな実力のはずはない。という確信

親の力で成績を上げる!

中学受験塾の全国規模のテストの成績を見て、成績を何とかしようと親はいろいろ考えます。 前回の試験から成績を上げるために以前より勉強方法を変え、時間も増やしたにもかかわらず、思うような結果ではなかったという方もいるでしょう。 結果がでなかった最大の原因を究明しましたか? 前回以降、生活リズムを見直したのですよね? 行動予定を見直しましょう。 子どもの努力不足? 親が教えましょう。 塾の個別を追加しま

© 2020 IQ教室

054-687-9319

Tel