低学年の勉強目的

最終更新: 2020年9月2日

幼児をどのように学習に導くかは、親の資質が問われるところです。


子どもは、ちょっと考えればわかる事しかやりたがりません。


うちの子がちょっと考えればわかることは、親が一番わかっているはずです。


うちの子が興味を示すことはどんなことか?


興味がないことはやりたがらない、続かない。


まず、興味を示すことを見つけることから。



親が、幼児・低学年の勉強をする目的を理解することが最重要。


子どもにとって勉強する目的は、「親に褒められること」です。


できてもできなくても時間を共有し、頑張ったことを褒める。


もっと褒められたいから、やりたがる。


次第に、理解が深まる。 


できること、わかることが増える。



幼児低学年には、「教える」という考え方は当てはまりません。


教えればできるようになりますが、わかっていないから、何度も同じことを繰り返すことになります。


ではどうするか?


「わかる。」には、「こういうことか。」というイメージが必要です。


イメージに欠かすことができない、注意・記憶・言語・知覚・判断・推理する能力から育成すること。

最新記事

すべて表示

学習計画

受験勉強で計画を立て学習を進めていくと、どうしても予定通りに進まないことがあります。 進まなくなる原因は、予定のスピードで理解・処理・記憶が進まないからです。 各教科の宿題、予習のなど限られた時間でやる事は沢山あります。 終わる子、どうしても終わらない子がでてきます。 原因は、理解・処理・記憶の能力差。 これらは、教わって何とかなるものではありません。 終わらない子は、結局計画変更して学習範囲を狭

長続き

長続きしていることは、やっているとき頑張ってるつもりがないことです。 嫌じゃないことです。 なんとなくまたやっている。 暇だからやっている。 誰かに引っ張られて続いていることがほとんどです。 大人でも、頑張って長続きすることはあまりありません。 そして、嫌なことは続かないのが人間です。 大人でもそうなのに、わが子に嫌なことを続けさせようとしてませんか? 嫌なことをやらせるより、好きになることを考え

才能

神がかり的な才能ではなく、「みんなに与えられている能力」を「才能」と表現させてもらいます。 才能は、平等な能力です。 才能は、好きなことの中から芽吹きます。 人並みのことしかしないから、人並みの結果です。 人より時間をかけてやるから、人より秀でた結果が得られます。 楽して人より良い思いしようなんて、都合がいいのです。 さて、どんなことなら人より時間をかけて取り組めますか? 好きなことならできるでし

© 2020 IQ教室

054-687-9319

Tel