低学年の勉強目的

最終更新: 9月2日

幼児をどのように学習に導くかは、親の資質が問われるところです。


子どもは、ちょっと考えればわかる事しかやりたがりません。


うちの子がちょっと考えればわかることは、親が一番わかっているはずです。


うちの子が興味を示すことはどんなことか?


興味がないことはやりたがらない、続かない。


まず、興味を示すことを見つけることから。



親が、幼児・低学年の勉強をする目的を理解することが最重要。


子どもにとって勉強する目的は、「親に褒められること」です。


できてもできなくても時間を共有し、頑張ったことを褒める。


もっと褒められたいから、やりたがる。


次第に、理解が深まる。 


できること、わかることが増える。



幼児低学年には、「教える」という考え方は当てはまりません。


教えればできるようになりますが、わかっていないから、何度も同じことを繰り返すことになります。


ではどうするか?


「わかる。」には、「こういうことか。」というイメージが必要です。


イメージに欠かすことができない、注意・記憶・言語・知覚・判断・推理する能力から育成すること。

最新記事

すべて表示

偏差値60超の育て方

教育熱心な家庭では、わが子の将来を考えて早期から教育環境を整えます。 しかし、やり方次第では後でツケが回ってくることも...。 つまり、「早くスタートする」だけではいけないのです。 子どもが進んで「親が好む・望む」内容を取り組むするわけではありませんので、親が誘導する必要があります。 小学校低学年までの子どもが、母親に「~をやってごらん。」「~しようね。」「~してみない?」と言われたら素直に従うで

成績が伸び悩んだら。

子どもなりに全力でやっていると思いましょう。 でも、親にとっては、まったく全力には見えません。 真面目にやれ! ふざけるな! いい加減にしろ! やってないだろ! と言いたいとことですが、 身が入っていないように見えたら、理由を聞いてあげましょう。 反抗期でもかける言葉は、「どうしたの?」 です。 もう自分の気持ちを言葉にできる年令です。 むやみに頑張らせても、本人はやっているつもりですからしんどい

© 2020 IQ教室

054-687-9319

Tel