勉強が続かないわけ

夏休みの初めに学習計画をきちんと立て、それに沿った学習をし、自習にも積極的に参加していた生徒が日が経つにつれ少しずつ減っていく・・・。


憧れの大学に合格した学生が、入学時は最前列で受講していたのに、授業が進み内容が難しくなってくるとだんだん欠席するようになる。


続かない原因は「つまらない」「わからない」「難しい」「大変だから」です。


ちょっと理解できないと「あー、もうヤダ!」と言う子。


「諦めが早い」子は、「苦労のあとに楽しみが待ってる」ことを知りません。


「何でもすぐ手に入る。」と思っています。


だから、「分からない→諦める→投げ出す→勉強から遠ざかる。」ようになります。


挫けそうになった時、横から掛かる声は「なにボーとしてるの!」「もう終わったの?」「やりなさい。」、「あともう少し!」「ちょっとペースを落とそう!」「まだ慌てないでいいよ!」。


騎手のムチのような「叱責」と伴走者からの「励まし」。


親のあなたは騎手? それとも伴走者?

最新記事

すべて表示

学習計画

受験勉強で計画を立て学習を進めていくと、どうしても予定通りに進まないことがあります。 進まなくなる原因は、予定のスピードで理解・処理・記憶が進まないからです。 各教科の宿題、予習のなど限られた時間でやる事は沢山あります。 終わる子、どうしても終わらない子がでてきます。 原因は、理解・処理・記憶の能力差。 これらは、教わって何とかなるものではありません。 終わらない子は、結局計画変更して学習範囲を狭

長続き

長続きしていることは、やっているとき頑張ってるつもりがないことです。 嫌じゃないことです。 なんとなくまたやっている。 暇だからやっている。 誰かに引っ張られて続いていることがほとんどです。 大人でも、頑張って長続きすることはあまりありません。 そして、嫌なことは続かないのが人間です。 大人でもそうなのに、わが子に嫌なことを続けさせようとしてませんか? 嫌なことをやらせるより、好きになることを考え

才能

神がかり的な才能ではなく、「みんなに与えられている能力」を「才能」と表現させてもらいます。 才能は、平等な能力です。 才能は、好きなことの中から芽吹きます。 人並みのことしかしないから、人並みの結果です。 人より時間をかけてやるから、人より秀でた結果が得られます。 楽して人より良い思いしようなんて、都合がいいのです。 さて、どんなことなら人より時間をかけて取り組めますか? 好きなことならできるでし

© 2020 IQ教室

054-687-9319

Tel