勉強を進めていると、子どもにいろんな症状が出てきます。


よく見られる5つの症状と原因は次の通りです。


早めに対応しましょう。


1・計算ミスが頻繁→注意力不足


2・問題文を読み飛ばす→早く終わらせたい


3・諦めが早い→考えるのが面倒


4・答えまでの説明ができない→わかってない


5・書くことを嫌がる→考えを整理できない



共通する原因は何でしょう?


勉強を〇×だけで判断することです。


始めて経験することは、うまくいくことと失敗することどちらが多いでしょう?


失敗が殆どですよね。


でも、勉強は教科書やテキストがあって考え方が書いてある。 


だから、間違えてはいけないのでしょうか? 間違いは悪いことなのでしょうか?



失敗して少しづつ理解したほうが、忘れることはありません。


年令で勉強を始めるから、間違う時間がないのです。


いつの間にか子どもの心の中に、間違えてはいけない、間違いは悪いこと、間違えたら終わらない、こんな気持ちが生まれているのではないでしょうか?


やってみればできることも挑戦しない子。できる保証がなければやらない子が増えてきた原因かもしれません。


もっと失敗させる時間が必要です。


最新記事

すべて表示

偏差値60超の育て方

教育熱心な家庭では、わが子の将来を考えて早期から教育環境を整えます。 しかし、やり方次第では後でツケが回ってくることも...。 つまり、「早くスタートする」だけではいけないのです。 子どもが進んで「親が好む・望む」内容を取り組むするわけではありませんので、親が誘導する必要があります。 小学校低学年までの子どもが、母親に「~をやってごらん。」「~しようね。」「~してみない?」と言われたら素直に従うで

成績が伸び悩んだら。

子どもなりに全力でやっていると思いましょう。 でも、親にとっては、まったく全力には見えません。 真面目にやれ! ふざけるな! いい加減にしろ! やってないだろ! と言いたいとことですが、 身が入っていないように見えたら、理由を聞いてあげましょう。 反抗期でもかける言葉は、「どうしたの?」 です。 もう自分の気持ちを言葉にできる年令です。 むやみに頑張らせても、本人はやっているつもりですからしんどい

© 2020 IQ教室

054-687-9319

Tel