勉強をしない原因は親。

ほとんどの親は、こどもが小学生になると、ひとりで勉強を進めさせようと徐々に手を掛けなくなります。


こどもは、親が喜んでくれることを糧に勉強を頑張ってきたのに、ある時から「宿題やったの?」「勉強おわったの?」と急き立てられるのです。


ひとりで勉強を「やって当たり前」という親の価値観はもっていませんから、学習のペースは一気に落ちます。


こどもは、よい成績をとることが目的で勉強をしているのではありませんよ。


親に褒めてもらいたいから、喜んでもらいたいから勉強するのです。


勉強が進まないのは、親の喜びがこどもに伝わっていないから。


ここに気づかないと次第に「やらせる勉強」になり、子供は成長とともに勉強をしなくなります。


一度嫌いになった食べ物は、好きになることはありません。

いやいや食べるようになります。 


二度と好んで食べようとしません。 勉強も同じです。 


何が原因か早めに気づかないと、手遅れになりますよ。

最新記事

すべて表示

偏差値60超の育て方

教育熱心な家庭では、わが子の将来を考えて早期から教育環境を整えます。 しかし、やり方次第では後でツケが回ってくることも...。 つまり、「早くスタートする」だけではいけないのです。 子どもが進んで「親が好む・望む」内容を取り組むするわけではありませんので、親が誘導する必要があります。 小学校低学年までの子どもが、母親に「~をやってごらん。」「~しようね。」「~してみない?」と言われたら素直に従うで

形式的知的能力

幼児教育に携わって感じることは、できる・できないという「形式的知的能力」にこだわる親が多いことです。 形式的知的能力とは、解ってないが解ける。ということ。 知的能力は、 掛け算は、どんなこと? 割り算は? そうなるのはなぜ? に答えることができること。 知的能力は毎日の「経験」から育ちます。 生活からしか芽生えません。 知的能力を育てるには、 言葉で意思疎通できる「前」から教育することが大事。 五

赤ちゃんが大切。

赤ちゃんのときはあらゆる面において大切ですが、早くから刺激を与えればよいというものではありません。 それは、体ができあがっていないのに無理な負荷をかけてもやっぱり無理ですし、できるたとしても怪我をするようなものです。 ですから、早めにやればそのときはできているように見えても、試験を受ける年齢で伸び悩んだり、心に傷を負ってしまったり、やり方によっては悪影響をを及ぼしかねません。 さて、人間は感情で動

© 2020 IQ教室

054-687-9319

Tel