勉強を続けるには。壱

諦める子・投げ出す子は勉強は続きません。


勉強を「フルマラソン」に例えます。


「フルマラソン」に出るために練習を始めます。


最初は2kmから始めて徐々に距離を伸ばします。練習で10キロ走って「苦しい。もうダメだ!」とあきらめて練習を止めてしまうは残念です。


マラソンは「苦しい。痛い。辛い。」スポーツという思いだけが残ります。


キツイ時に、練習している自分を「よくがんばれてるな!と褒めたり、「ここを踏ん張れば!」と鼓舞したり、待ち合わせているわけではないのに、同じ時間にいつもの場所ですれ違う人と会うのが楽しみになったり。


・・・同じことをしている仲間の存在も大切です。


やがて脚力が付き初めて42.195キロが走りきった時、辛さが自信につながり、フルマラソンで完走することが「期待」になります。


マラソンでは、沿道からの声援を受ながら目標の完走タイムを目指します。


ゴールしたときには、苦しかったこと、頑張ってきたことの思いが吹き出して、やりきった嬉しさが心から溢れます。


勉強も同じです。「分からなくて大変なこと」があるたびに諦めて投げ出すのでは、合格できません。


分からなかった問題が解けた時、アドレナリンが分泌されて嬉しくなってきます。


テストでは、同程度の努力をした人が同じ点数を取るわけではありませんよね。


そもそも努力の程度は、主観です。


だから、「努力の量はひとりひとり違う。」と思って勉強しましょう。


才能を認める相手と同じ場所に立つには、「量と質とやり方で補う」ことを考えるのが人間です。

最新記事

すべて表示

成績を維持する方法

高学年で成績を維持するには、「穴」がない勉強をすすめることです。 新しい勉強は、常に既習分野の上に積み重なります。 穴があれば、新しい勉強はなかなか理解できません。 だから、解らないときの勉強は、大抵は基本からやり直しになってしまいます。 同じ方法でやり直すのか、もっと繰り返すのか、違う方法を試すのか、生徒にあったやり方を早く見つけないと時間切れとなります。 高学年では、できるだけ早く穴を探し、塞

宿題のやり方。

一般的に宿題が出される理由は、理解を深めるためと親は考えます。 一方、子どもはどのように考えているか知っていますか? 殆どの子どもは、終わらせるためにやるものだ考えているいます。 「宿題は終わったの?」という言葉をかけるから、「宿題は終わればいい」と勘違いします。 幼ければ幼いほど素直な受け取り方をします。 これが何回復習しても学習内容が定着しない一つの原因です。 できるようになるためにやることと

夏までに。

偏差値が上がるまでには時間がかかります。 まず勉強をして解法の論理を理解し、論理をアタマの引き出しにしまって、取り出すことから始まります。 練習問題では、問題を解くために論理をどのように関連付けるかを試します。 毎日、復習予習を含め進めるのですが、それでも半月前に理解したはずの内容がスッポリ抜け落ちてたりするものです。 抜け落ちを防ぐために3回程度の復習を一定期間開けながらやってやっと得点できるよ

pixta_34621787_XL.jpg

まずはお気軽に学習相談!

入会を検討される方に無料の学習相談(60分程度)を行っています

ご来校時に指導内容・指導方針・費用をご案内します

お問い合わせフォームから「学習相談希望」を選択の上、送信してください

© 2020 IQ教室