勉強を続けるには。壱

諦める子・投げ出す子は勉強は続きません。


勉強を「フルマラソン」に例えます。


「フルマラソン」に出るために練習を始めます。


最初は2kmから始めて徐々に距離を伸ばします。練習で10キロ走って「苦しい。もうダメだ!」とあきらめて練習を止めてしまうは残念です。


マラソンは「苦しい。痛い。辛い。」スポーツという思いだけが残ります。


キツイ時に、練習している自分を「よくがんばれてるな!と褒めたり、「ここを踏ん張れば!」と鼓舞したり、待ち合わせているわけではないのに、同じ時間にいつもの場所ですれ違う人と会うのが楽しみになったり。


・・・同じことをしている仲間の存在も大切です。


やがて脚力が付き初めて42.195キロが走りきった時、辛さが自信につながり、フルマラソンで完走することが「期待」になります。


マラソンでは、沿道からの声援を受ながら目標の完走タイムを目指します。


ゴールしたときには、苦しかったこと、頑張ってきたことの思いが吹き出して、やりきった嬉しさが心から溢れます。


勉強も同じです。「分からなくて大変なこと」があるたびに諦めて投げ出すのでは、合格できません。


分からなかった問題が解けた時、アドレナリンが分泌されて嬉しくなってきます。


テストでは、同程度の努力をした人が同じ点数を取るわけではありませんよね。


そもそも努力の程度は、主観です。


だから、「努力の量はひとりひとり違う。」と思って勉強しましょう。


才能を認める相手と同じ場所に立つには、「量と質とやり方で補う」ことを考えるのが人間です。

最新記事

すべて表示

夏は戦略が必要。

この夏休みは塾の夏期講習に行こうと思っている子が多いと思います。 夏期講習に行く目的は何ですか? 成績を上げるには、同じことをしていてもダメです。 みんなと同じことは当たり前、+αで成績が上がります。 どのくらい成績を上げたいの? 受験生であれば偏差値であといくつあげなければいけないのか? 志望校偏差値が60以上の学校で、6年夏に自分の偏差値がまだ2~3足りないのあれば、死にものぐるいでやらないと

学力はいつ伸びるのか?

毎年、4年生にぐらいから多くの小学生が中学受験塾へ通い始めます。 入塾前のテストで学力のレベルをチェックしてクラス分けされます。 この中で、4年生から徐々に成績を上げ最上位クラスに上がっていく子どもがどれだけいるのでしょうか? 入試直前まで伸びるから諦めてはダメだということを毎年夏を過ぎによく聞きます。 でも、それに該当するケースはどれくらいあるのでしょう? 入試は、いす取りゲームです。 先に座っ

答えがあっていればいい?

答えがあっていればいい。宿題を終わらせればいい。という勉強を低学年で進めていると文章題が苦手になります。 文章題が苦手にならないために低学年までは、 1・物事を時系列に整理して考えることができるように、ひらがなが読めるようになったら読書を始めること。 2・出来事を時系列に話す練習をすること。 3・勉強として計算を教えない。 3年生以上では、 4・考えた過程を言葉で説明できるように勉強を進める。 5