勉強を続けるには。弐

最終更新: 2020年8月16日

「積極的に受験勉強をしないのに受験する。」つもりでいる。


「勉強しなければ合格できないよ?」と、何度行っても机に向かわないわが子の態度に苛立ちと焦りを感じる親が多数ではないでしょうか?


「やらなきゃいけないとわかっていても、なかなか始められないんだよな」というのが子どもの本音です。


「自主性を尊重する」というのが一番いいのですが、それでは永遠に始まりません。


きっかけとして軽くお尻を叩いてあげたほうが行動しやすいのです。


親は、机に向かわせる仕組みや仕掛けを作ることが役目です。


子どもひとりでは進まない。


だから、「中学受験は親で決まる」というのです。


子どもの1日を丸々スケジューリングをするということです。


塾の前後、休講日に勉強を進めなければ点数は取れません。


「やっておきなさい。」「やりなさい。」では進みません。


進まない理由は、学校の宿題とは全く違って難しいから。


家にいるより学校と塾にいる時間が長いのですよ。「疲れ」も原因です。


また、低学年から毎日決まった時間に勉強するだけで習慣にはなりません。


嫌なものはいくらやっても嫌ですよね。


どんな声をかけられたらその気になるのか?


どんな声をかけられたら子どもが動くか?


知恵を絞ってこどもの心に響く言葉をさがしましょう。



わが子の受験を成功させた親は「放任」「甘さ」とは無縁の皆さんです。


また、自分にも厳しい方々でもありました。


お子さんの「合格する理由」のひとつは、親の「人間的資質」です。

最新記事

すべて表示

学習計画

受験勉強で計画を立て学習を進めていくと、どうしても予定通りに進まないことがあります。 進まなくなる原因は、予定のスピードで理解・処理・記憶が進まないからです。 各教科の宿題、予習のなど限られた時間でやる事は沢山あります。 終わる子、どうしても終わらない子がでてきます。 原因は、理解・処理・記憶の能力差。 これらは、教わって何とかなるものではありません。 終わらない子は、結局計画変更して学習範囲を狭

長続き

長続きしていることは、やっているとき頑張ってるつもりがないことです。 嫌じゃないことです。 なんとなくまたやっている。 暇だからやっている。 誰かに引っ張られて続いていることがほとんどです。 大人でも、頑張って長続きすることはあまりありません。 そして、嫌なことは続かないのが人間です。 大人でもそうなのに、わが子に嫌なことを続けさせようとしてませんか? 嫌なことをやらせるより、好きになることを考え

才能

神がかり的な才能ではなく、「みんなに与えられている能力」を「才能」と表現させてもらいます。 才能は、平等な能力です。 才能は、好きなことの中から芽吹きます。 人並みのことしかしないから、人並みの結果です。 人より時間をかけてやるから、人より秀でた結果が得られます。 楽して人より良い思いしようなんて、都合がいいのです。 さて、どんなことなら人より時間をかけて取り組めますか? 好きなことならできるでし

© 2020 IQ教室

054-687-9319

Tel