受験勉強で苦労しないには。弐

勉強を「親が叱り飛ばしながら」とか「子どもが泣きながら」進めると、勉強は苦しみでしかありません。


本当は、勉強して学力を伸びすことはうれしく感じるはずです。


わからなかったことがわかったり、できなかったことができた時うれしいからです。


その結果、受験が成功することはもっとうれしいはずです。


勉強を努力と感じ、成績を伸ばしていくにはどうしたらいいのでしょうか?


ポイントは、


子どもは、ちょっと考えてわかる事しか自分からは取り組みません。


「ちょっと考えてわかる」ことは、ひとり一人違います。...ということです。


 

カリキュラムに追われるとうまく進みません。


ちょっと考えてわかる事から始めることと、時間をかけること。 



努力の証としてできれば志望校に合格したい、周りは合格させたいのが共通の願いです。


「受験を何のためにやるのですか?」と問われたとき、いったい親はどのような返事をするのでしょうか?


「偏差値の高い学校を目指し、そこで6年間充実した生活を過ごし、できれば東大か医学部に入り、安定した職業に....」


これが本音という親が多いのではないでしょうか?


実際このような動機で受験される方が多数です。


つまり、これが「叱り飛ばしたり」「泣きながら」の原因となります。


偏差値が高い学校に入ることで、必ず東大や医学部に行ける訳でも、安定した職業に就けるわけでもない、そもそも通った学校で「将来が安定する」などということはありえません。


業務と同じ感覚で受験を


「合格至上主義」


「結果第一主義」


を掲げる父親もいますが、学年を重ねるごとに親子関係が崩壊します。



一方、うちの子には好きなことをやらせて楽しい時代を過ごさせたい。


と考える親もいます。



入試の合否の分け目は、本人の素質・努力・家庭での教育環境です。


合格は、本人の努力、家族の努力なくしてあり得ません。


合格を手にする親は、皆さん「...ねばならない」「...してるのに」という気持ちをコントロールできた方々です。

最新記事

すべて表示

偏差値60超の育て方

教育熱心な家庭では、わが子の将来を考えて早期から教育環境を整えます。 しかし、やり方次第では後でツケが回ってくることも...。 つまり、「早くスタートする」だけではいけないのです。 子どもが進んで「親が好む・望む」内容を取り組むするわけではありませんので、親が誘導する必要があります。 小学校低学年までの子どもが、母親に「~をやってごらん。」「~しようね。」「~してみない?」と言われたら素直に従うで

成績が伸び悩んだら。

子どもなりに全力でやっていると思いましょう。 でも、親にとっては、まったく全力には見えません。 真面目にやれ! ふざけるな! いい加減にしろ! やってないだろ! と言いたいとことですが、 身が入っていないように見えたら、理由を聞いてあげましょう。 反抗期でもかける言葉は、「どうしたの?」 です。 もう自分の気持ちを言葉にできる年令です。 むやみに頑張らせても、本人はやっているつもりですからしんどい

© 2020 IQ教室

054-687-9319

Tel