受験勉強の前に。

最終更新: 2020年9月17日

受験は学力勝負です。


顔がひとりひとり違うように、能力も一人ひとり違います。


学力を作り上げる要素で大切なのが「性格」です。


伸び悩んでいる生徒の共通点があります。


「座っていられない子」


「話が聞けない子」


「乱暴な言葉を使う子」


「諦めの早い子」


「忍耐力のない子」


「考えが伴わない発言が多い子」


このような行動を矯正することなく年を重ねてしまった子どもです。


「三つ子の魂百まで」と言われるように、幼児期に身に付いた性格・癖は容易に変わるものではありません。


出生後から受験勉強開始までの短い期間で性格が出来上がることはないのですが、受験生としてふさわしくない兆候が見えたら、随時摘み取る方がよいでしょう。


例えば、公衆の前にもかかわらず、嫌なことや思い通りにならないと泣く・暴れる・寝転がる子供。


この姿を見たあなたは、どのように思いますか?


悪いのは、子ども? 親?


このような気質・性格を残したまま成長し、受験勉強を開始したとしても思うようには進みません。


わが子の自制心を育ててこなかった親は苦労します。


自制心は受験勉強に不可欠です。


中学受験とは子育てが試される受験です。

最新記事

すべて表示

距離感

ある時期になって急に勉強させよう、教えようとがんばる親がいます。 やってみても子供の理解が進まないと親のイライラが段々増していきます。 理解させたい事を理解するために必要な事が、まだ分かっていないのです。 数の理解に必要な事、形の理解に必要な事、これらを飛ばして勉強を始めるからです。 親は、理解力不足の原因は子供にあると思って、プレッシャーをかけてしまいます。 高い枝葉をいっぱいに伸ばしている勢い

学習計画

受験勉強で計画を立て学習を進めていくと、どうしても予定通りに進まないことがあります。 進まなくなる原因は、予定のスピードで理解・処理・記憶が進まないからです。 各教科の宿題、予習のなど限られた時間でやる事は沢山あります。 終わる子、どうしても終わらない子がでてきます。 原因は、理解・処理・記憶の能力差。 これらは、教わって何とかなるものではありません。 終わらない子は、結局計画変更して学習範囲を狭

長続き

長続きしていることは、やっているとき頑張ってるつもりがないことです。 嫌じゃないことです。 なんとなくまたやっている。 暇だからやっている。 誰かに引っ張られて続いていることがほとんどです。 大人でも、頑張って長続きすることはあまりありません。 そして、嫌なことは続かないのが人間です。 大人でもそうなのに、わが子に嫌なことを続けさせようとしてませんか? 嫌なことをやらせるより、好きになることを考え

© 2020 IQ教室

054-687-9319

Tel