ここでは、ボーダーにいる受験生のお話です。


第1志望に合格する生徒としない生徒の違いとは何なのでしょう?


まず、勉強量の差でしょうか?


でも、中学受験をする生徒は塾に通っているでしょうし、塾での宿題量などにそれほどの差はありません。


では、意欲の差でしょうか?


イヤイヤやらされているにしても塾の在籍クラスが維持できていれば、内容についていけてるので、成績への影響は決定的ではありません。


勉強量と学習意欲が満たされていれば合格に近くなりますが、同レベルにいる受験生同士ではこの2つに大きな差はないということになります。


では何故、合格と不合格に分かれるのでしょう?


テストに合格するためには合格基準点以上を取ることだけです。


受験者全員が同じ日、同じ時間で一発勝負。


極限の緊張状態で「一点でも多くとる」意識を育てていますか?


これをトコトン追求した学習方法を取っていますか?


ここが分かれ目。

最新記事

すべて表示

偏差値60超の育て方

教育熱心な家庭では、わが子の将来を考えて早期から教育環境を整えます。 しかし、やり方次第では後でツケが回ってくることも...。 つまり、「早くスタートする」だけではいけないのです。 子どもが進んで「親が好む・望む」内容を取り組むするわけではありませんので、親が誘導する必要があります。 小学校低学年までの子どもが、母親に「~をやってごらん。」「~しようね。」「~してみない?」と言われたら素直に従うで

成績が伸び悩んだら。

子どもなりに全力でやっていると思いましょう。 でも、親にとっては、まったく全力には見えません。 真面目にやれ! ふざけるな! いい加減にしろ! やってないだろ! と言いたいとことですが、 身が入っていないように見えたら、理由を聞いてあげましょう。 反抗期でもかける言葉は、「どうしたの?」 です。 もう自分の気持ちを言葉にできる年令です。 むやみに頑張らせても、本人はやっているつもりですからしんどい

© 2020 IQ教室

054-687-9319

Tel