塾に行っても成績が上がらない訳・1

 自分が「行きたい学校はこの学校」「今の偏差値は52だけど、55になったらこの学校を受けてみよう」など、自分なりの考えが固まっている子は、途中どれだけ厳しい成績をとってもあきらめません。


〇〇中学で〇〇部に入りたいといつもお話してくれる生徒がいました。


合格した子が4年生の時、希望の学校の偏差値とは10以上も離れていましたが、3年間努力を重ねて合格しました。


第一志望校に合格したこどもからは「絶対成功したい」という執念を感じるものです。


このような気概を感じるこどもは、なかなか途中成績が伸びなくても、最後に良い結果を引き寄せる場合があります。


 一方、第一志望校を逃してしまったこどもは、「頑張って勉強している」「○○中学に行きたい」と言葉にしますが、流してやっているような印象で「必死さ」が伝わってこない共通点があります。


つまり「そこそこの頑張りでなんとかしたい。」「なんとかなるだろう。」という甘えた思いが心のどこかに隠れているのでしょう。


長い間この仕事をやっていますとこどもの「本心」は感じ取れます。


親に「勉強しなさい!」とさんざん言われても、こども自身に「核」となる気持ちが育っていなかったら、動機が不十分のまま勉強を始めているので、「本気」にならないのです。


こんな気持ちでの塾通いは、親の監視から逃れるための「アリバイ作り」にすぎません。


ヤル理由が本人の中に固まっていなければヤル気は生まれません。


なんとなくヤル、流されながらヤル。つまり、こどもは時間を無駄に過ごしているのです。


これが「塾に行っても成績が上がらない」原因です。


「成績を上げたいという気持ちがないので上がらない」ということです。

最新記事

すべて表示

距離感

ある時期になって急に勉強させよう、教えようとがんばる親がいます。 やってみても子供の理解が進まないと親のイライラが段々増していきます。 理解させたい事を理解するために必要な事が、まだ分かっていないのです。 数の理解に必要な事、形の理解に必要な事、これらを飛ばして勉強を始めるからです。 親は、理解力不足の原因は子供にあると思って、プレッシャーをかけてしまいます。 高い枝葉をいっぱいに伸ばしている勢い

学習計画

受験勉強で計画を立て学習を進めていくと、どうしても予定通りに進まないことがあります。 進まなくなる原因は、予定のスピードで理解・処理・記憶が進まないからです。 各教科の宿題、予習のなど限られた時間でやる事は沢山あります。 終わる子、どうしても終わらない子がでてきます。 原因は、理解・処理・記憶の能力差。 これらは、教わって何とかなるものではありません。 終わらない子は、結局計画変更して学習範囲を狭

長続き

長続きしていることは、やっているとき頑張ってるつもりがないことです。 嫌じゃないことです。 なんとなくまたやっている。 暇だからやっている。 誰かに引っ張られて続いていることがほとんどです。 大人でも、頑張って長続きすることはあまりありません。 そして、嫌なことは続かないのが人間です。 大人でもそうなのに、わが子に嫌なことを続けさせようとしてませんか? 嫌なことをやらせるより、好きになることを考え

© 2020 IQ教室

054-687-9319

Tel