塾に行っても成績が上がらない訳・1

 自分が「行きたい学校はこの学校」「今の偏差値は52だけど、55になったらこの学校を受けてみよう」など、自分なりの考えが固まっている子は、途中どれだけ厳しい成績をとってもあきらめません。


〇〇中学で〇〇部に入りたいといつもお話してくれる生徒がいました。


合格した子が4年生の時、希望の学校の偏差値とは10以上も離れていましたが、3年間努力を重ねて合格しました。


第一志望校に合格したこどもからは「絶対成功したい」という執念を感じるものです。


このような気概を感じるこどもは、なかなか途中成績が伸びなくても、最後に良い結果を引き寄せる場合があります。


 一方、第一志望校を逃してしまったこどもは、「頑張って勉強している」「○○中学に行きたい」と言葉にしますが、流してやっているような印象で「必死さ」が伝わってこない共通点があります。


つまり「そこそこの頑張りでなんとかしたい。」「なんとかなるだろう。」という甘えた思いが心のどこかに隠れているのでしょう。


長い間この仕事をやっていますとこどもの「本心」は感じ取れます。


親に「勉強しなさい!」とさんざん言われても、こども自身に「核」となる気持ちが育っていなかったら、動機が不十分のまま勉強を始めているので、「本気」にならないのです。


こんな気持ちでの塾通いは、親の監視から逃れるための「アリバイ作り」にすぎません。


ヤル理由が本人の中に固まっていなければヤル気は生まれません。


なんとなくヤル、流されながらヤル。つまり、こどもは時間を無駄に過ごしているのです。


これが「塾に行っても成績が上がらない」原因です。


「成績を上げたいという気持ちがないので上がらない」ということです。

最新記事

すべて表示

偏差値60超の育て方

教育熱心な家庭では、わが子の将来を考えて早期から教育環境を整えます。 しかし、やり方次第では後でツケが回ってくることも...。 つまり、「早くスタートする」だけではいけないのです。 子どもが進んで「親が好む・望む」内容を取り組むするわけではありませんので、親が誘導する必要があります。 小学校低学年までの子どもが、母親に「~をやってごらん。」「~しようね。」「~してみない?」と言われたら素直に従うで

成績が伸び悩んだら。

子どもなりに全力でやっていると思いましょう。 でも、親にとっては、まったく全力には見えません。 真面目にやれ! ふざけるな! いい加減にしろ! やってないだろ! と言いたいとことですが、 身が入っていないように見えたら、理由を聞いてあげましょう。 反抗期でもかける言葉は、「どうしたの?」 です。 もう自分の気持ちを言葉にできる年令です。 むやみに頑張らせても、本人はやっているつもりですからしんどい

© 2020 IQ教室

054-687-9319

Tel