失敗を知る大切さ

最終更新: 2020年7月20日

こどもには「模試」で結果が出なくてがっかりする経験が大切です。


親も同じです。親は模試当日のこどものメンタルの大切さに気づかされます。


こどもも親も学習や宿題を習慣としてやっていたことや、「点数を気にしない薄い学習は時間の浪費」に気づくきっかけになります。


勉強を「作業」でやっても実力がつかないのです。


成績が良くないと、もっとやればいいと考えますが、変えなけれ行けないのは、「意識」です。


テキストの例題を「真似しただけの勉強」と、「答えまでの過程を完全理解するまで終わらない。次のテストで類似問題が出たら必ず点を取る!」と自分で決心してやった勉強では、記憶の定着が全く違います。


「意識」が固まっていないうちは、本気で勉強をやってません。


「意識」を変えると、必ず効率も上がります。


勉強をやっているけど成績が上がらない。


「これくらいでいいや。」「これだけやればいいや。」こんな気持が成績不振の原因です。

最新記事

すべて表示

距離感

ある時期になって急に勉強させよう、教えようとがんばる親がいます。 やってみても子供の理解が進まないと親のイライラが段々増していきます。 理解させたい事を理解するために必要な事が、まだ分かっていないのです。 数の理解に必要な事、形の理解に必要な事、これらを飛ばして勉強を始めるからです。 親は、理解力不足の原因は子供にあると思って、プレッシャーをかけてしまいます。 高い枝葉をいっぱいに伸ばしている勢い

学習計画

受験勉強で計画を立て学習を進めていくと、どうしても予定通りに進まないことがあります。 進まなくなる原因は、予定のスピードで理解・処理・記憶が進まないからです。 各教科の宿題、予習のなど限られた時間でやる事は沢山あります。 終わる子、どうしても終わらない子がでてきます。 原因は、理解・処理・記憶の能力差。 これらは、教わって何とかなるものではありません。 終わらない子は、結局計画変更して学習範囲を狭

長続き

長続きしていることは、やっているとき頑張ってるつもりがないことです。 嫌じゃないことです。 なんとなくまたやっている。 暇だからやっている。 誰かに引っ張られて続いていることがほとんどです。 大人でも、頑張って長続きすることはあまりありません。 そして、嫌なことは続かないのが人間です。 大人でもそうなのに、わが子に嫌なことを続けさせようとしてませんか? 嫌なことをやらせるより、好きになることを考え

© 2020 IQ教室

054-687-9319

Tel