幼児教育に携わって感じることは、できる・できないという「形式的知的能力」にこだわる親が多いことです。


形式的知的能力とは、解ってないが解ける。ということ。


知的能力は、


掛け算は、どんなこと?


割り算は?


そうなるのはなぜ?


に答えることができること。



知的能力は毎日の「経験」から育ちます。


生活からしか芽生えません。



知的能力を育てるには、


言葉で意思疎通できる「前」から教育することが大事。

五感に伝える。


五感に伝わるから、理屈ではないところで身につくものがあるからです。




物心ついてから、「つまらない」と感じることは、長い間続けても習慣にはなりませんよ。


終わることしか考えていません。


繰り返します、習慣にはなりません。



習慣ではなく、感覚として知りたい気持ちを育てましょう。


感覚に訴えるのが、乳幼児の教育です。


教えることではありません。


幼児は、


欲しいものしか身につけないのです。


教育相談はお問い合わせメールからお願いします。




最新記事

すべて表示

できる子の親が始めにすること

どんな事でも原点があります。 あなたの経験で勉強の原点は何処ですか? 子どもが勉強を始めるのにも、原点があります。 それを指し示すことができるのは親だけです。 物心がつく頃に、笑顔であふれながら原点に立たせているのが理想です。 世の中の仕組みがわかる事の楽しさ、喜びに気づかせるのが親の役目。 原点を大事にする理由は、気持ちが通じあうことが子どもにとって重要だからです。 振り返る思い出があることが大

できる子の親の子育て法。

できる子の親は、成績では怒りません。 それがありのままの学力と受け止めます。 計算ミスもミスするのが実力と受け止めます。 たらればも、もったいないもありません。 受け入れられる成績かどうか決めるのは、子ども自身だと気づいています。 こんな成績のつもりではなかった。と思って初めて自分の問題として勉強について考えることを待っています。 できる子の親は、勉強が進まなくても怒りません。 小学生は受け身でし

限界値を上げる

母親にとって、最初は一心同体だったわが子は、成長しながら少しずつ自分の意思で行動し始めます。 時間と共に一心同体から、やがて二人三脚となります。 だから、子供に歩調・歩幅を合わせなければ転んでしまいます。 親が勝手にペースを上げると転びます。 ひとりで歩くことで、脚力がついて次第に親のペースに乗ってこれるようになります。 行きたいところを見つけて、自分の意思で歩くから、大変でも脚力がついていく。