幼児教育に携わって感じることは、できる・できないという「形式的知的能力」にこだわる親が多いことです。


形式的知的能力とは、解ってないが解ける。ということ。


知的能力は、


掛け算は、どんなこと?


割り算は?


そうなるのはなぜ?


に答えることができること。



知的能力は毎日の「経験」から育ちます。


生活からしか芽生えません。



知的能力を育てるには、


言葉で意思疎通できる「前」から教育することが大事。

五感に伝える。


五感に伝わるから、理屈ではないところで身につくものがあるからです。




物心ついてから、「つまらない」と感じることは、長い間続けても習慣にはなりませんよ。


終わることしか考えていません。


繰り返します、習慣にはなりません。



習慣ではなく、感覚として知りたい気持ちを育てましょう。


感覚に訴えるのが、乳幼児の教育です。


教えることではありません。


幼児は、


欲しいものしか身につけないのです。


教育相談はお問い合わせメールからお願いします。




最新記事

すべて表示

限界値を上げる

母親にとって、最初は一心同体だったわが子は、成長しながら少しずつ自分の意思で行動し始めます。 時間と共に一心同体から、やがて二人三脚となります。 だから、子供に歩調・歩幅を合わせなければ転んでしまいます。 親が勝手にペースを上げると転びます。 ひとりで歩くことで、脚力がついて次第に親のペースに乗ってこれるようになります。 行きたいところを見つけて、自分の意思で歩くから、大変でも脚力がついていく。

早期発見・早期手当

気になる様子・仕草があったら、早期発見のきっかけです。 お医者さんに見てもらった時、「何でもっと早く来なかったんですか?」 「気になる症状があったでしょう?」 ・・・って言われた事ありませんか? 時間が経てば治るとは限りません。 症状が悪化したら、使う薬はきつくなり、副作用もでてきます。 学習も同じ事。

うちの子の適性は?

あなたが好きなことは何ですか?・・・マイブームです。 マイブームになるともっと知りたい、もっとやりたい気持ちでいっぱいです。 時間もすぐ経ってしまいます。 マイブームになったきっかけは・・・? 子どもも同じです。 適性を探すには、お気に入りを伸ばしてあげること。 好きだからやっている。 やっていると楽しい。 やらされているのではないのですから。 年齢に合った昔からある「親子で遊べる」ものから探しま

© 2020 IQ教室

054-687-9319

Tel