成績が上がる生徒

「成績を上げる」というのは、講師の授業だけでは成り立ちません。


生徒の心得・意欲が結果に直結します。


成績が上がる生徒の共通点を挙げると


1.素直な生徒


2.自分の勉強という意識がある生徒


3.集中力のある生徒・話を聞ける生徒


4.家庭学習をする生徒


 となります。


特に「素直である」ことが大切です。


いままでの原因である「自分なりに」を捨てて「試してみよう、やってみよう」と切り替える気持ちを持つことです。


「何のために勉強しているのかわからない」


「親が勧めるからやっているだけ」という生徒は、自分の勉強という意識が低いので、素直にやってみることの意義がわからず面倒がります。


伸び悩む生徒の典型的パターンです。



素直にできない原因は、周りの大人の「接し方が原因」であることが多いのです。


帰宅したら、「今日はこれをやりなさい。」と指示をして、あとは子どもに丸投げ。


こんな家庭の子供は、終わらせることが目的になるので、理解しようという意識がありません。


このような生徒に数値替えやパターン学習をさせても、理解しないまま終わっているので成績は伸びないのです。


勉強をしているのに伸びないときは、取り組み方を変えましょう。


当教室にはさまざまなタイプの生徒がいますので、ひとり一人の気質に合わせた接し方をします。


2対1、1対1の個別指導だから、とにかく一人ひとりを大切にすることができます。










最新記事

すべて表示

通塾を始める前にできる事

進学塾で勉強するための下地ができていますか? 下地は生まれてから毎日の経験の積み重ねで出来上がります。 下地とは、賢くなる準備です。 下地ができているかいないかは、 聞いた話の内容を理解できる。 出来事を時系列に話せる。 伝えたいことを筋道を立てて伝えられる。 3つ以上のものを同時に比較できる。 置き換えて考える。 言い換えができるなど。 自然を見せていますか? 言葉を教えていますか? 体を動かし

勉強に掛ける時間 ②

暗記ものについて。 普通、暗記プリントの質問を読んで内容を理解し、答えを照らし合わせながら順に暗記をしていきます。 一方、成績の伸びない子は、質問の意味が解らなくても答えを上から丸暗記します。 つまり、一行問題では上から順番に丸暗記。質問は関係ないのです。 質問順を入れ替えると途端に正解率が落ちます。 何度やっても正答率は上がりません。 人物名、知っていることぐらいは正解しますが、新しいことは意味

必要な勉強範囲

首都圏最難関を目指すのに必要な勉強範囲は、 算数は数学Ⅰまで。代数は除く 国語の語彙力・漢字は高校入試程度、読解力も同等。 理科・社会も高校入試程度の知識量。 となります。 入試問題は、中学高校の教師が作るので当然ですね。 勉強しないで、最初から解ける子はいません。 何年もかけて合格レベルの実力を身につけます。 6年生で高校1年で学習するレベルの問題が出題され得点を競うのが中学受験です。 中学受験

© 2020 IQ教室

054-687-9319

Tel