成績が上がる生徒

「成績を上げる」というのは、講師の授業だけでは成り立ちません。


生徒の心得・意欲が結果に直結します。


成績が上がる生徒の共通点を挙げると


1.素直な生徒


2.自分の勉強という意識がある生徒


3.集中力のある生徒・話を聞ける生徒


4.家庭学習をする生徒


 となります。


特に「素直である」ことが大切です。


いままでの原因である「自分なりに」を捨てて「試してみよう、やってみよう」と切り替える気持ちを持つことです。


「何のために勉強しているのかわからない」


「親が勧めるからやっているだけ」という生徒は、自分の勉強という意識が低いので、素直にやってみることの意義がわからず面倒がります。


伸び悩む生徒の典型的パターンです。



素直にできない原因は、周りの大人の「接し方が原因」であることが多いのです。


帰宅したら、「今日はこれをやりなさい。」と指示をして、あとは子どもに丸投げ。


こんな家庭の子供は、終わらせることが目的になるので、理解しようという意識がありません。


このような生徒に数値替えやパターン学習をさせても、理解しないまま終わっているので成績は伸びないのです。


勉強をしているのに伸びないときは、取り組み方を変えましょう。


当教室にはさまざまなタイプの生徒がいますので、ひとり一人の気質に合わせた接し方をします。


2対1、1対1の個別指導だから、とにかく一人ひとりを大切にすることができます。










最新記事

すべて表示

成績の上げ方

「やりなさい!」と言えば言うほどやらなくなるのが「勉強」です。 「やらせよう!」とすればするほどやらないのが、「勉強」です。 親が「焦る」ほど上がらないのが「成績」です。 成績を上げるために必要なこと。 受験生は、全員勉強しています。 成績を上げるには、点数をとること。 点数をとっても、みんなやっているから順位は上がらない。 まず、子どもに「勉強をやっているか、やっていないか。」二択の質問をしまし

勉強効率を上げるには。

机に座って勉強してるようだけど、とにかく時間がかかる! 子どもは時間の感覚が未発達です。 例えば、計算問題では時間短縮するために変形する。 頻出する計算結果は、暗記する。 11-19までの平方、2のべき、掛け算への分解、3.14の整数倍など。 倍数判定法や互除法を知っていれば、約分できるか即時に判断できます。 がむしゃらに計算するのもいいのですが、テストのプレッシャーの中で計算間違いを避けることも

わが子への期待

「期待」とは、心待ちにすること。 親はわが子に「期待」するものです。 「親が期待する」→「子どもはがんばる」→「期待された結果が出る」→「親はますます期待する」→「子どもはもっとがんばる」→「.....」 子どもはいつまで頑張らなければいけないのでしょう? 「期待の成績」→「勉強させる」→「成績が足りない」→「もっと勉強させる」→「まだ足りない」→「....」 親がやることは、勉強させることでしょ

© 2020 IQ教室

054-687-9319

Tel