成績が上がる生徒

「成績を上げる」というのは、講師の授業だけでは成り立ちません。


生徒の心得・意欲が結果に直結します。


成績が上がる生徒の共通点を挙げると


1.素直な生徒


2.自分の勉強という意識がある生徒


3.集中力のある生徒・話を聞ける生徒


4.家庭学習をする生徒


 となります。


特に「素直である」ことが大切です。


いままでの原因である「自分なりに」を捨てて「試してみよう、やってみよう」と切り替える気持ちを持つことです。


「何のために勉強しているのかわからない」


「親が勧めるからやっているだけ」という生徒は、自分の勉強という意識が低いので、素直にやってみることの意義がわからず面倒がります。


伸び悩む生徒の典型的パターンです。



素直にできない原因は、周りの大人の「接し方が原因」であることが多いのです。


帰宅したら、「今日はこれをやりなさい。」と指示をして、あとは子どもに丸投げ。


こんな家庭の子供は、終わらせることが目的になるので、理解しようという意識がありません。


このような生徒に数値替えやパターン学習をさせても、理解しないまま終わっているので成績は伸びないのです。


勉強をしているのに伸びないときは、取り組み方を変えましょう。


当教室にはさまざまなタイプの生徒がいますので、ひとり一人の気質に合わせた接し方をします。


2対1、1対1の個別指導だから、とにかく一人ひとりを大切にすることができます。










最新記事

すべて表示

勉強は最初が大事!

算数の勉強を理解するには、内容を理解できるだけの経験が不可欠です。 勉強のタイミングが早過ぎると理解できません。 低学年で勉強を難しく感じてしまったら、進んでやろうとしなくなってしまいます。 また、意味を考えずにただ繰り返してやり方を記憶するというような処理が身についてしまうと、考えながら解くという問題になった途端、思考停止してしまいその癖をが抜けるまで長い時間がかかります。 興味や成長の差がある

親の力で成績を上げる!弐

全国規模のテストや入塾テストなどでわが子の成績がはっきりすると、いままでは子どもの学習について母親に任せていた父親が登場する場合があります。 もっと勉強させようとする母親と口答えする子どものバトルに耐えかねて父親が出てきます。 一、塾なんてやめちまえ!と強制終了させる父親。 二、俺が何とかする!と立ち上がる父親。 本心には、俺の子供なんだからもっとできるはずだ。 こんな実力のはずはない。という確信

親の力で成績を上げる!

中学受験塾の全国規模のテストの成績を見て、成績を何とかしようと親はいろいろ考えます。 前回の試験から成績を上げるために以前より勉強方法を変え、時間も増やしたにもかかわらず、思うような結果ではなかったという方もいるでしょう。 結果がでなかった最大の原因を究明しましたか? 前回以降、生活リズムを見直したのですよね? 行動予定を見直しましょう。 子どもの努力不足? 親が教えましょう。 塾の個別を追加しま

© 2020 IQ教室

054-687-9319

Tel