「やりなさい!」と言えば言うほどやらなくなるのが「勉強」です。


「やらせよう!」とすればするほどやらないのが、「勉強」です。


親が「焦る」ほど上がらないのが「成績」です。



成績を上げるために必要なこと。


受験生は、全員勉強しています。


成績を上げるには、点数をとること。


点数をとっても、みんなやっているから順位は上がらない。



まず、子どもに「勉強をやっているか、やっていないか。」二択の質問をしましょう。


やっていない。という場合は、昨日より勉強することです。明日は、今日より勉強することです。


これで成績は上がるでしょう。



問題は、「やっている。」という答えの場合です。


殆どの受験生は、「やっている。」と答えるのではないかと思います。


勉強していると答えた子どもに「勉強しなさい。」という言葉は無意味です。


もっとやれというのか。もうできないよ。という気持ちにさせるだけです。


こんな言葉を毎日かけていても繰り返しても点数は上がりません。



塾から帰って復習を30分やる子、60分やる子、もっとやる子、いろいろです。


たった30分でも、やっていると思っている子にとっては「やっている。」のです。


そんなのは「やっている。」うちに入らないだろ! 怒!


というのは、ありがちですが、「親の意見」にすぎません。



なぜたった30分でやっていると答えるのか?考えてみましょう。


....30分で足りていると思っているからです。



では、なぜ30分で足りていると思ってしまうのか?


満足しているケースでは、 


クラスで1位だから。 


学年上位だから。 


塾でやってるから、など。



意味がないと思っているケースでは、


過去に良い点を取ってもうれしくなかったから。


高得点を取ってもダメだしされたから、など。



殆どの親が口にする、「○○くんはもっとやっているからやりなさい。」という話が通じない理由です。



では、子どもを今より勉強に前向きにならせるには、どうしたらよいのでしょう?


親なら一度は考えたことがあるテーマです。




子どもの意識だけを変えようとしても変わりません。



あなたが自然と行動するのは次のどちらでしょうか?


信頼に応える行為と、信頼を裏切る行為。



人は信頼されていると感じると、多少抵抗があることでも「やろう!」と思うのではありませんか?



だから、「やっている。」と答えた子どもを、今以上に動かす方法はひとつだけ。



今より「わが子を信じること」です。


指図して管理することではなく、信じること。



放任という意味ではありません。



いま、あなたが子どもに投げかける言葉は、信頼から生まれた言葉ですか?


もっと他に表現はありませんか?


子どもは、その言葉からあなたの信頼を感じることができますか?




今以上にやる気にさせることができるのは、親のおまじないだけです。


その言葉でスイッチが入るか、切れるか?



あなたが、子どもの「努力」に「おまじない」をかけることで成績が上がり始めます。


そんなことで成績があがるわけがないと思いますか?


勉強をさせれば成績が上がると思っていますか?



今までに、色々試したのではありませんか?


何をやっても点数が上がらなかった。


何を言ってもやらなかった。


もうこれ以上勉強時間を増やすのが不可能なら...。




試して見ましょうよ。




前提が変われば結果にも影響するものです。


気持ちを「受け」から「攻め」に転換して、「分かろう」「知ろう」「覚えよう」する姿勢を整えることです。


真剣さが違ってきます。



どこの塾へ行っても、考え方の道筋を導くことまでです。


勉強ですから、やるのは生徒自身。


テストを受けるのも生徒自身。


自分で歩かなければ前には進まないのです。


いつまでも背中を押し続けることはできません。


いつまでも背伸びを続けることもできません。



中学受験は、最初で最後の親子の試練。



無料学習相談を承っております。


入塾をご検討いただいている方が優先です。


お問い合わせフォームからどうぞ。

最新記事

すべて表示

成績を維持する方法

高学年で成績を維持するには、「穴」がない勉強をすすめることです。 新しい勉強は、常に既習分野の上に積み重なります。 穴があれば、新しい勉強はなかなか理解できません。 だから、解らないときの勉強は、大抵は基本からやり直しになってしまいます。 同じ方法でやり直すのか、もっと繰り返すのか、違う方法を試すのか、生徒にあったやり方を早く見つけないと時間切れとなります。 高学年では、できるだけ早く穴を探し、塞

宿題のやり方。

一般的に宿題が出される理由は、理解を深めるためと親は考えます。 一方、子どもはどのように考えているか知っていますか? 殆どの子どもは、終わらせるためにやるものだ考えているいます。 「宿題は終わったの?」という言葉をかけるから、「宿題は終わればいい」と勘違いします。 幼ければ幼いほど素直な受け取り方をします。 これが何回復習しても学習内容が定着しない一つの原因です。 できるようになるためにやることと

夏までに。

偏差値が上がるまでには時間がかかります。 まず勉強をして解法の論理を理解し、論理をアタマの引き出しにしまって、取り出すことから始まります。 練習問題では、問題を解くために論理をどのように関連付けるかを試します。 毎日、復習予習を含め進めるのですが、それでも半月前に理解したはずの内容がスッポリ抜け落ちてたりするものです。 抜け落ちを防ぐために3回程度の復習を一定期間開けながらやってやっと得点できるよ

pixta_34621787_XL.jpg

まずはお気軽に学習相談!

入会を検討される方に無料の学習相談(60分程度)を行っています

ご来校時に指導内容・指導方針・費用をご案内します

お問い合わせフォームから「学習相談希望」を選択の上、送信してください

© 2020 IQ教室