文章題ができない?

塾で勉強を始めるきっかけとして計算はできるけど、思ったより文章題ができないということがあげられます。


塾で文章題を勉強すると「絵や図を書いて考えましょう。」といわれます。


でも、絵や図が書けないから解けないんですよね。


文章題ができるようにするには、


「簡単な問題から始める。」→文章が複雑になるとできません。


「解き方を習う。」→やがて、行き詰ります。


「ノーヒントのまま絵が書けるまで考えさせる。」→思考停止したままです。


どれからやるのがよいのでしょうか?

 


考えることができない。= 言語が稚拙な場合が多いですね。


稚拙だから、絵や図が書けないのです。

最新記事

すべて表示

偏差値60超の育て方

教育熱心な家庭では、わが子の将来を考えて早期から教育環境を整えます。 しかし、やり方次第では後でツケが回ってくることも...。 つまり、「早くスタートする」だけではいけないのです。 子どもが進んで「親が好む・望む」内容を取り組むするわけではありませんので、親が誘導する必要があります。 小学校低学年までの子どもが、母親に「~をやってごらん。」「~しようね。」「~してみない?」と言われたら素直に従うで

成績が伸び悩んだら。

子どもなりに全力でやっていると思いましょう。 でも、親にとっては、まったく全力には見えません。 真面目にやれ! ふざけるな! いい加減にしろ! やってないだろ! と言いたいとことですが、 身が入っていないように見えたら、理由を聞いてあげましょう。 反抗期でもかける言葉は、「どうしたの?」 です。 もう自分の気持ちを言葉にできる年令です。 むやみに頑張らせても、本人はやっているつもりですからしんどい

© 2020 IQ教室

054-687-9319

Tel