新6年生が今やること

入試まで1年を切りました。 


もうじき志望校判定模試が始まります。 

すでに入試の出題範囲の学習は終わりましたか?


模試までにテキストの練習問題を復習して、出題範囲の基本の確認を進めましょう。


数の性質・規則性・図形の定理・文章題の解法など。


テストでの「ひらめき」は、解き慣れるまでやってるから頭に浮かんでくるものです。


「センス」はあまり関係ありません。

最新記事

すべて表示

親の役目

どんなことでも自分のペースがあります。 無理に急げば苦しくなるし、ゆっくりだとだらけてしまう。 幼児の学習もペースが大事。 発達、理解を測りながら個々のペースで進めるのが一番いい。 初めての事を分かるには、誰でも時間がかかります。 だから、取り組む課題の順番に注意を払い、時間に余裕を持って始めましょう。 「この時、これが理解できるように育てるためには?」と考えてますか? 「分かるだろうとか、できる

常に前にいること。

勉強は長距離の陸上競技と一緒です。 長距離の種目で上位入賞をする選手は、必ずと言っていいほど先頭集団にいて、後半に抜け出します。 スタート後、先頭集団のペースに遅れて、段々追いつき上位入賞はする選手はあまりいません。 学習も、大学入試が最終目標とすると同様に考えることができます。 学習は、小学校から始まるのではありません。 成長と共に始まっています。 まず先頭の集団に入る事。 子どもの適性を伸ばし

距離感

ある時期になって急に勉強させよう、教えようとがんばる親がいます。 やってみても子供の理解が進まないと親のイライラが段々増していきます。 理解させたい事を理解するために必要な事が、まだ分かっていないのです。 数の理解に必要な事、形の理解に必要な事、これらを飛ばして勉強を始めるからです。 親は、理解力不足の原因は子供にあると思って、プレッシャーをかけてしまいます。 高い枝葉をいっぱいに伸ばしている勢い

© 2020 IQ教室

054-687-9319

Tel