中学生以上の数学・理科では、学習を進める過程で問題を解く糸口を見つけるために暗記したことを利用して答えを求めます。


一方、この学習法を受験勉強を始めたばかりの小学生に用いると「答え」=数字の操作で求められる。と思い込んでしまうことがあります。


例題の解法で解く。→例題を参考に数字を操作して求めた数を、問題文の○番目の数で掛けたり割ったりといった「パターン」で解いてしまいます。


このような生徒は、語彙力が乏しい生徒・過度の反復練習をしてきた生徒に多いのですが、数値替えの問題では答えが求められるので一見理解しているように見えます。


ところが5年後期から学習が難しくなってくると、さすがに対応できなくなります。


これを続けていては、どれだけ勉強時間を増やしても成績は伸びません。


例題の解法から「そうか、そういうことか!」と頷く勉強に切り替える必要があります。


概念や理論的構造の理解を深める学習です。


公式を暗記し、当てはめて問題を解くことより、公式の背景や別解を考えたり「理解」する学習姿勢が重要です。


理解を深めるために演習は不可欠です。


適度な演習量でなければゆっくり考える気持ちになりません。


ではどうするか?


早めにスタートして時間をかけて少しずつ理解を深めることです。

最新記事

すべて表示

偏差値60超の育て方

教育熱心な家庭では、わが子の将来を考えて早期から教育環境を整えます。 しかし、やり方次第では後でツケが回ってくることも...。 つまり、「早くスタートする」だけではいけないのです。 子どもが進んで「親が好む・望む」内容を取り組むするわけではありませんので、親が誘導する必要があります。 小学校低学年までの子どもが、母親に「~をやってごらん。」「~しようね。」「~してみない?」と言われたら素直に従うで

形式的知的能力

幼児教育に携わって感じることは、できる・できないという「形式的知的能力」にこだわる親が多いことです。 形式的知的能力とは、解ってないが解ける。ということ。 知的能力は、 掛け算は、どんなこと? 割り算は? そうなるのはなぜ? に答えることができること。 知的能力は毎日の「経験」から育ちます。 生活からしか芽生えません。 知的能力を育てるには、 言葉で意思疎通できる「前」から教育することが大事。 五

赤ちゃんが大切。

赤ちゃんのときはあらゆる面において大切ですが、早くから刺激を与えればよいというものではありません。 それは、体ができあがっていないのに無理な負荷をかけてもやっぱり無理ですし、できるたとしても怪我をするようなものです。 ですから、早めにやればそのときはできているように見えても、試験を受ける年齢で伸び悩んだり、心に傷を負ってしまったり、やり方によっては悪影響をを及ぼしかねません。 さて、人間は感情で動

© 2020 IQ教室

054-687-9319

Tel