最終更新: 6月21日

前回は、「勉強不足」や「勉強しなかった」という自己分析のケースで、「次はもっと勉強するから...。」「もっと頑張るから...。」誓いを立てた子のお話の途中でした。


最後の質問は3つ。


模試の受験者のどれだけが上の誓いをたてたのでしょう?


答えは、お試し受験以外の受験生の大多数。


その中で、次回まで誓いを守れる子はどれだけいるのでしょう?


答えは、ごく僅か。


誓いを守れなくなる子は何が原因なのでしょう?


そもそも自分から積極的に模試を受けるつもりはなく、受けたくなかったから。


...こんなことが原因として考えられます。




さて、今度は親の立場で考えてみましょう。


お試し受験の親御さんを除き、成績をみて然もありなん。と受け入れる(あきらめる?)親御さんがいる一方、期待したレベルではなかった場合は、「親子で努力をして来たのに、こんな成績なの?」と印象を持つ親御さんもいらっしゃいます。


1・子どもに原因が「ある」と思っている親は、「いったい塾で何やっているの!」


2・子どもに原因が「ない」と思っている親は、「いったい塾は何やっているんだ!」


...となります。


いずれも「このままで大丈夫なのか!」という不安のあまりに、わが子の成績を上げる手段を模索し始めます。


過去を振り返って、勉強態度が悪い。やり方が悪い。テキストが悪い。教え方が悪い。やる気がない。続かない。など思いつく限りに理由を探します。


親から与えられた環境なのに、親が選んだ塾なのに...。


入試の日まで、より良い環境を求め続ける親子もいますね。



もし子どもが親に


「その場所で一生懸命やってみたけど、難しすぎてわからない問題もあったんだ。でも頑張ったんだよ。」


親は子どもの気持ちがわかりません。


その代わりに子どもが親にこういいました。


「偏差値70だったんだ。」


そうすると親は「すごいじゃない!」



この親は本質的なことを全く気にしないのでしょうか。


数字が大好きなんでしょうか。


数字で安心するのでしょうか。



「勉強させないと不安だからと塾へつれて行き、子どもに通いたい。」と言わせる親。


自我が確立していない小学生は、見聞きしたことや親の勧めることを疑いもなく受け入れます。


子どもは親の気持ちをしっかり忖度し返事をします。


小学生になったからとか、○歳になったから勉強始める。


成績が下がったから塾へ行く。


塾へ通う理由、勉強を始める理由がこれでいいのでしょうか?


つづく。

最新記事

すべて表示

夏は戦略が必要。

この夏休みは塾の夏期講習に行こうと思っている子が多いと思います。 夏期講習に行く目的は何ですか? 成績を上げるには、同じことをしていてもダメです。 みんなと同じことは当たり前、+αで成績が上がります。 どのくらい成績を上げたいの? 受験生であれば偏差値であといくつあげなければいけないのか? 志望校偏差値が60以上の学校で、6年夏に自分の偏差値がまだ2~3足りないのあれば、死にものぐるいでやらないと

学力はいつ伸びるのか?

毎年、4年生にぐらいから多くの小学生が中学受験塾へ通い始めます。 入塾前のテストで学力のレベルをチェックしてクラス分けされます。 この中で、4年生から徐々に成績を上げ最上位クラスに上がっていく子どもがどれだけいるのでしょうか? 入試直前まで伸びるから諦めてはダメだということを毎年夏を過ぎによく聞きます。 でも、それに該当するケースはどれくらいあるのでしょう? 入試は、いす取りゲームです。 先に座っ

答えがあっていればいい?

答えがあっていればいい。宿題を終わらせればいい。という勉強を低学年で進めていると文章題が苦手になります。 文章題が苦手にならないために低学年までは、 1・物事を時系列に整理して考えることができるように、ひらがなが読めるようになったら読書を始めること。 2・出来事を時系列に話す練習をすること。 3・勉強として計算を教えない。 3年生以上では、 4・考えた過程を言葉で説明できるように勉強を進める。 5