最終更新: 11月10日

授業では算数指導の時間が長いのですが、国語で気になったことがあります。


生徒さんに国語の読解問題を解いてもらうと、「文章が読めていないなぁ。」と感じることが多くなりました。 


どうやら、日常の会話より長い文章になると大変になるようです


日常生活で子どもは、家族や友人との会話では長文を必要としません。

長い文章に触れる機会が少ないこと、助詞修飾語被修飾語を意識せず言葉を使っていることが、文章が読めない原因ではないかと感じます。


親子の間で、日常の出来事を説明してもらう習慣があるだけでも言葉の理解は進みます。


経験の中から表現したいこと、伝えたいことを上手に相手に伝えるには、言葉をどう使ったらいいのか。ことばを聞いて使い方を自然に吸収する経験が少ないのかもしれません。


昔は、「ことば」と「文字」の間隔が日常会話で埋まっていたのですが、時代とともに会話が短くなり、少なくなり隙間が広がっているのでしょう。

最新記事

すべて表示

国語の勉強の前に。

国語で得点力不足の原因は、語彙力不足が挙げられます。 言葉を知らない...。 まず国語をしっかり身につけないと、全科目の得点に影響します。 問題文の理解、記述問題の解答など。 受験をするなら早めに漢字練習を始めて、低学年から語彙を増やしましょう。 花が咲くのも間近です。→ 花が咲くのもマジかです。 警察が誤認逮捕した。→警察が5人逮捕した。 くれぐれも、こんなことにならないように。

© 2020 IQ教室

054-687-9319

Tel