親を喜ばせたいだけなのに…。

最終更新: 2019年10月23日

世の中にはいろんな親がいて、こどもが思った通りに勉強しないと怒る親がいます。


小学生で、「塾へ行っている子」の9割以上は、


①塾へ行くこと、勉強することが親の希望と分かっている。

②塾へ通って親を喜ばせたい。

③勉強して親に褒められたい。などの思いを持っています。


反抗期をむかえていない小学生は、まだ親の意のままに行動します。

進学塾へ通っている子も同じです。


親は塾に何らかの必要性を感じ通わせたいと思っているので、子供と体験授業にでかけます。


そして、入塾申込みの前にほとんどの親は、一応念の為に本人の気持ちを確かめます。


これは、嫌がるわが子を無理に塾へ通わせているのではない。という親の不安を拭い去る確認作業ですね。

 

塾に通い始めて滑り出しは順調でも、勉強ですから次第にこどもひとりでスラスラできなくなる単元や、やがて親が教えることができなくなる学習内容になっていきます。


今までひとりでできていたのだから、順序よくやっていれば、このままできるだろうと考えて、塾に丸投げや、こども任せに勉強を「やらせる」と気づかないうちに子どもの気持ちが傷ついて、手遅れになることがよくあります。


今までひとりで出来ていた勉強が進まなくなってきたら、これはサボっているのではなく、勉強がひとりで解くには難しくなってきていることを意味しているのです。


やらせるとできるのにやらない時も同じで、その単元はひとりですすめる余裕がなく、大変になっているのです。


これに気づかず、「やりなさい。」「なんでやらないの?」「がんばりなさい。」と親に声をかけれれた子どもは、「難しい」とは言えません。 だから、勉強から逃げるのです。


親も勉強しないと答えがでない学習内容になると、「あなたの面倒ばかり見ていられない。」「もうひとりで勉強できるでしょ?」と、できない子ども・やらない子どもが悪いと言わんばかりに攻め立てる親もいます。


ほんとは、「教えてほしいのに・・・。」「一緒だったらできるのに・・・。」


勉強が進まないときは、色んな気持ちが芽生えているのです。理屈じゃないのです。



勉強しないなら、「塾の月謝の無駄。」「塾をやめなさい」「自分で塾へ行くって言ったから通わせているのに。」と言いわれたことのある子が結構いるんですよ。


勉強をやらせたいがための親の脅しの時が多いのですが、本当に塾を辞めさせられる子もいます。


塾を辞めたらどうするかというと、成り行きに任せるか、どうしても勉強させたい親は転塾先を探すのですが、塾を辞めさせた環境が子どものプラスに働かなければ、成績も上がらず、同じことの繰り返しです。


時間が経つのは早いので、同じことを繰り返していると受験に間に合わなくなり時間切れになります。


子どもにしてみれば、親の希望や気持ちを忖度して始めたことなのに・・・。


大勢の子どもが、「何でわかってくれないのかなあ。」とぼやいています。

最新記事

すべて表示

偏差値60超の育て方

教育熱心な家庭では、わが子の将来を考えて早期から教育環境を整えます。 しかし、やり方次第では後でツケが回ってくることも...。 つまり、「早くスタートする」だけではいけないのです。 子どもが進んで「親が好む・望む」内容を取り組むするわけではありませんので、親が誘導する必要があります。 小学校低学年までの子どもが、母親に「~をやってごらん。」「~しようね。」「~してみない?」と言われたら素直に従うで

形式的知的能力

幼児教育に携わって感じることは、できる・できないという「形式的知的能力」にこだわる親が多いことです。 形式的知的能力とは、解ってないが解ける。ということ。 知的能力は、 掛け算は、どんなこと? 割り算は? そうなるのはなぜ? に答えることができること。 知的能力は毎日の「経験」から育ちます。 生活からしか芽生えません。 知的能力を育てるには、 言葉で意思疎通できる「前」から教育することが大事。 五

赤ちゃんが大切。

赤ちゃんのときはあらゆる面において大切ですが、早くから刺激を与えればよいというものではありません。 それは、体ができあがっていないのに無理な負荷をかけてもやっぱり無理ですし、できるたとしても怪我をするようなものです。 ですから、早めにやればそのときはできているように見えても、試験を受ける年齢で伸び悩んだり、心に傷を負ってしまったり、やり方によっては悪影響をを及ぼしかねません。 さて、人間は感情で動

© 2020 IQ教室

054-687-9319

Tel