赤ちゃんが大切。

赤ちゃんのときはあらゆる面において大切ですが、早くから刺激を与えればよいというものではありません。


それは、体ができあがっていないのに無理な負荷をかけてもやっぱり無理ですし、できるたとしても怪我をするようなものです。


ですから、早めにやればそのときはできているように見えても、試験を受ける年齢で伸び悩んだり、心に傷を負ってしまったり、やり方によっては悪影響をを及ぼしかねません。


さて、人間は感情で動きますよね。 


幼児は「~したい。」ことしかしません。 → 成長すると「~しないといけない。」ことまでできるようになります。


これを制御しているのは心や感情です。


ですから、知的能力以上に感情や意思の健全な発達が大切です。


意思の働きや感情を育てないで、知的能力を伸ばす刺激だけを与えると当然バランスを崩します。


子どもは、「ほしい」と思う刺激しか吸収しません。


刺激が多ければいいわけではないのです。


望んでいない刺激はダメ。


欲しがる刺激、興味にあった刺激です。


欲しがってもいない刺激、興味に合わない刺激を大量に浴びせると、刺激から自分を守ろうとして心に壁を作ります。


心を遮断します。


子どもが何を欲しがっているか親が感じることが大切。


画一的な育児書やマニュアルのとおりに刺激を与えるときは、子どもが欲しがっているものかどうかは親が確認しないといけませんね。


わかってあげられるのは母親と父親と周りの大人。


能力を伸ばそうと思ったら取り組みが、心のバランスを保てるか、欲しがっていることかを確認する必要があります。


ちょうどよい時期にちょうどよい量を与えること。


心と頭と体のバランスが大切です。



三才でも個性が芽生えています。性格には違いがあります。


欲しがるもの、興味を示すものは一人ひとり違いますよね。



個別教育相談は、お問い合わせからメールをしてください。

最新記事

すべて表示

できる子の親が始めにすること

どんな事でも原点があります。 あなたの経験で勉強の原点は何処ですか? 子どもが勉強を始めるのにも、原点があります。 それを指し示すことができるのは親だけです。 物心がつく頃に、笑顔であふれながら原点に立たせているのが理想です。 世の中の仕組みがわかる事の楽しさ、喜びに気づかせるのが親の役目。 原点を大事にする理由は、気持ちが通じあうことが子どもにとって重要だからです。 振り返る思い出があることが大

できる子の親の子育て法。

できる子の親は、成績では怒りません。 それがありのままの学力と受け止めます。 計算ミスもミスするのが実力と受け止めます。 たらればも、もったいないもありません。 受け入れられる成績かどうか決めるのは、子ども自身だと気づいています。 こんな成績のつもりではなかった。と思って初めて自分の問題として勉強について考えることを待っています。 できる子の親は、勉強が進まなくても怒りません。 小学生は受け身でし

限界値を上げる

母親にとって、最初は一心同体だったわが子は、成長しながら少しずつ自分の意思で行動し始めます。 時間と共に一心同体から、やがて二人三脚となります。 だから、子供に歩調・歩幅を合わせなければ転んでしまいます。 親が勝手にペースを上げると転びます。 ひとりで歩くことで、脚力がついて次第に親のペースに乗ってこれるようになります。 行きたいところを見つけて、自分の意思で歩くから、大変でも脚力がついていく。