幼児期は、見る・触る・食べる・聞く・嗅ぐ・五感で感じることすべてが勉強です。


だから、そもそも「遊びと勉強」の区別はありません。


ところが、成長とともに「遊びと勉強」が区別されていくのです。

区別の原因は、与え方ですね。


どのように与えられたかで学力の伸びがまったく異なります。


数年後、自分の意志で行動するようになるまでが勝負。


合格や競争を意識できるのは高校入試から。


大人の価値観はこどもに伝わりません。


放っておいてできるようになるのなら、学力に差は生まれません。


行き詰まったら、ご相談ください。


謹んでお待ちしております。

最新記事

すべて表示

学習計画

受験勉強で計画を立て学習を進めていくと、どうしても予定通りに進まないことがあります。 進まなくなる原因は、予定のスピードで理解・処理・記憶が進まないからです。 各教科の宿題、予習のなど限られた時間でやる事は沢山あります。 終わる子、どうしても終わらない子がでてきます。 原因は、理解・処理・記憶の能力差。 これらは、教わって何とかなるものではありません。 終わらない子は、結局計画変更して学習範囲を狭

素養

「素養」とは、普段からの心がけで身につけた知識・教養のことを意味します。 普段からの心がけ・・・・。気持ちのあり方です。 幼児期の過ごし方で、後の「飽きやすい。」「我慢できない。」「気が散りやすい。」「気まぐれ。」「嫌なことはやらない。」「執着する。」 など気持ちのあり方が形成されます。 それは、幼稚園児にもなると段々クセや性格がハッキリしてくることから分かります。 まだ成長の盛りですが、「心」は

算数ができる子

数学的力とは、計算力ではありません。 条件を整理し、ルールを見つけ推論する力です。 説明を聞いたり、反復では身につきにくい力です。 数学的な能力を試す問題とは、規則性や場合の数、確率です。 解くための条件を整理するには、時間が要ります。 自分が見つけたルールを試す時間も必要です。 幼児期には、諦めず考える性格を育てましょう。 幼児・児童に「考えなさい」・「イメージしなさい」といってもできません。 

© 2020 IQ教室

054-687-9319

Tel