幼児は神経を発達させるために思いつくまま動き回る生き物です。 


ですから、幼いからと言って、訪問先や公の場での振る舞いを「ダメでしょ!」と言葉だけだけでは何度言っても変わりません。


どのように落ち着きを身につけるのでしょうか?


いきなり勉強ではありません。


幼児は誰かの真似をするものです。


まずはお家で落ち着いた時間と空間を意図的に作り出しましょう。


これこそが自制心を芽生えさせます。


「まだ幼児でそんな環境は作れない」ということはありません。


子は親を見て育ちます。


年齢に合わせて大好きな親と一緒にできることを探して、真似できる環境を整えましょう。


「幼いから騒ぐ」のではありません。


予め幼児の行動を予測して、騒ぐ前に手を打ちましょう。


そもそも、落ち着きのない子、騒々しい子はお話を聞けません。


勉強を始める姿勢が整わないのです。


目に入ったもの、気になったことに心を奪われ行動を起こします。


バスや電車で騒ぐこども、訪問先で身勝手に動き回る子・床にひっくりかえり泣き叫ぶ子。


いずれも感情を抑制できない現れです。


聡明な親は、こどもがふさわしくない振る舞いをする前に、その芽を摘み取ります。


「事」が始まらないようにしているのです。


過去に一度許されたことは、2度3度と繰り返します。


「初めてやった時」にキッチリ物事の良し悪しを伝えます。


つまり、落ち着きのある子に育てることが、こどもに施すべき最初の教育であることを知っています。


くれぐれも毎日決まった時間に勉強させていれば習慣になるとは考えないでください。


嫌なものはいくら続けても習慣にはなりません。


逃げることをいつも考えているのですから・・・。


「幼児は騒がしい、動き回るから落ち着いた環境は無理だ」と考えるのは親の言い訳です。


そのまま成長するだけです。


学校の授業中、席を離れる、話をする、いつまでたっても勉強の姿勢は整わないのです。


ダメなことには、毅然とした態度をとる。


家庭に「掟」はありますか?

最新記事

すべて表示

成績を維持する方法

高学年で成績を維持するには、「穴」がない勉強をすすめることです。 新しい勉強は、常に既習分野の上に積み重なります。 穴があれば、新しい勉強はなかなか理解できません。 だから、解らないときの勉強は、大抵は基本からやり直しになってしまいます。 同じ方法でやり直すのか、もっと繰り返すのか、違う方法を試すのか、生徒にあったやり方を早く見つけないと時間切れとなります。 高学年では、できるだけ早く穴を探し、塞

計算力

中学受験の準備として計算のやり方を覚えるためや計算スピードを早くするために、プリント計算塾やそろばん塾に通う子がいますよね。 プリント計算塾では、プリントを一枚一枚進めることで徐々に計算が上手になるようです。 そろばん塾では、珠を操作し視覚的に計算過程を目視しながら計算ができるようになります。 両方とも、ひたすら繰り返すことでスピードが早くなります。 入学試験で計算を間違えたら正解は導け出せないの

宿題のやり方。

一般的に宿題が出される理由は、理解を深めるためと親は考えます。 一方、子どもはどのように考えているか知っていますか? 殆どの子どもは、終わらせるためにやるものだ考えているいます。 「宿題は終わったの?」という言葉をかけるから、「宿題は終わればいい」と勘違いします。 幼ければ幼いほど素直な受け取り方をします。 これが何回復習しても学習内容が定着しない一つの原因です。 できるようになるためにやることと

pixta_34621787_XL.jpg

まずはお気軽に学習相談!

入会を検討される方に無料の学習相談(60分程度)を行っています

ご来校時に指導内容・指導方針・費用をご案内します

お問い合わせフォームから「学習相談希望」を選択の上、送信してください

© 2020 IQ教室