幼児は神経を発達させるために思いつくまま動き回る生き物です。 


ですから、幼いからと言って、訪問先や公の場での振る舞いを「ダメでしょ!」と言葉だけだけでは何度言っても変わりません。


どのように落ち着きを身につけるのでしょうか?


いきなり勉強ではありません。


幼児は誰かの真似をするものです。


まずはお家で落ち着いた時間と空間を意図的に作り出しましょう。


これこそが自制心を芽生えさせます。


「まだ幼児でそんな環境は作れない」ということはありません。


子は親を見て育ちます。


年齢に合わせて大好きな親と一緒にできることを探して、真似できる環境を整えましょう。


「幼いから騒ぐ」のではありません。


予め幼児の行動を予測して、騒ぐ前に手を打ちましょう。


そもそも、落ち着きのない子、騒々しい子はお話を聞けません。


勉強を始める姿勢が整わないのです。


目に入ったもの、気になったことに心を奪われ行動を起こします。


バスや電車で騒ぐこども、訪問先で身勝手に動き回る子・床にひっくりかえり泣き叫ぶ子。


いずれも感情を抑制できない現れです。


聡明な親は、こどもがふさわしくない振る舞いをする前に、その芽を摘み取ります。


「事」が始まらないようにしているのです。


過去に一度許されたことは、2度3度と繰り返します。


「初めてやった時」にキッチリ物事の良し悪しを伝えます。


つまり、落ち着きのある子に育てることが、こどもに施すべき最初の教育であることを知っています。


くれぐれも毎日決まった時間に勉強させていれば習慣になるとは考えないでください。


嫌なものはいくら続けても習慣にはなりません。


逃げることをいつも考えているのですから・・・。


「幼児は騒がしい、動き回るから落ち着いた環境は無理だ」と考えるのは親の言い訳です。


そのまま成長するだけです。


学校の授業中、席を離れる、話をする、いつまでたっても勉強の姿勢は整わないのです。


ダメなことには、毅然とした態度をとる。


家庭に「掟」はありますか?

最新記事

すべて表示

偏差値60超の育て方

教育熱心な家庭では、わが子の将来を考えて早期から教育環境を整えます。 しかし、やり方次第では後でツケが回ってくることも...。 つまり、「早くスタートする」だけではいけないのです。 子どもが進んで「親が好む・望む」内容を取り組むするわけではありませんので、親が誘導する必要があります。 小学校低学年までの子どもが、母親に「~をやってごらん。」「~しようね。」「~してみない?」と言われたら素直に従うで

形式的知的能力

幼児教育に携わって感じることは、できる・できないという「形式的知的能力」にこだわる親が多いことです。 形式的知的能力とは、解ってないが解ける。ということ。 知的能力は、 掛け算は、どんなこと? 割り算は? そうなるのはなぜ? に答えることができること。 知的能力は毎日の「経験」から育ちます。 生活からしか芽生えません。 知的能力を育てるには、 言葉で意思疎通できる「前」から教育することが大事。 五

赤ちゃんが大切。

赤ちゃんのときはあらゆる面において大切ですが、早くから刺激を与えればよいというものではありません。 それは、体ができあがっていないのに無理な負荷をかけてもやっぱり無理ですし、できるたとしても怪我をするようなものです。 ですから、早めにやればそのときはできているように見えても、試験を受ける年齢で伸び悩んだり、心に傷を負ってしまったり、やり方によっては悪影響をを及ぼしかねません。 さて、人間は感情で動

© 2020 IQ教室

054-687-9319

Tel