親の力で成績を上げる!

中学受験塾の全国規模のテストの成績を見て、成績を何とかしようと親はいろいろ考えます。


前回の試験から成績を上げるために以前より勉強方法を変え、時間も増やしたにもかかわらず、思うような結果ではなかったという方もいるでしょう。


結果がでなかった最大の原因を究明しましたか?



前回以降、生活リズムを見直したのですよね?


行動予定を見直しましょう。



子どもの努力不足?


親が教えましょう。


塾の個別を追加しましょう。


家庭教師をつけましょう。



学習塾が合っていない?


塾を変えましょう。



テストの時、うちの子だけ緊張したからでしょうか?


テストに慣れましょう。



殆どの親が成績が上げるためにここまではやります。


つまり、なにも周りと変わらないのです。


特別ではありません。



この後、わが子のために何をしますか?

最新記事

すべて表示

通塾を始める前にできる事

進学塾で勉強するための下地ができていますか? 下地は生まれてから毎日の経験の積み重ねで出来上がります。 下地とは、賢くなる準備です。 下地ができているかいないかは、 聞いた話の内容を理解できる。 出来事を時系列に話せる。 伝えたいことを筋道を立てて伝えられる。 3つ以上のものを同時に比較できる。 置き換えて考える。 言い換えができるなど。 自然を見せていますか? 言葉を教えていますか? 体を動かし

勉強に掛ける時間 ②

暗記ものについて。 普通、暗記プリントの質問を読んで内容を理解し、答えを照らし合わせながら順に暗記をしていきます。 一方、成績の伸びない子は、質問の意味が解らなくても答えを上から丸暗記します。 つまり、一行問題では上から順番に丸暗記。質問は関係ないのです。 質問順を入れ替えると途端に正解率が落ちます。 何度やっても正答率は上がりません。 人物名、知っていることぐらいは正解しますが、新しいことは意味

必要な勉強範囲

首都圏最難関を目指すのに必要な勉強範囲は、 算数は数学Ⅰまで。代数は除く 国語の語彙力・漢字は高校入試程度、読解力も同等。 理科・社会も高校入試程度の知識量。 となります。 入試問題は、中学高校の教師が作るので当然ですね。 勉強しないで、最初から解ける子はいません。 何年もかけて合格レベルの実力を身につけます。 6年生で高校1年で学習するレベルの問題が出題され得点を競うのが中学受験です。 中学受験

© 2020 IQ教室

054-687-9319

Tel