勉強しないと叱られる。

成績は試験の点数で決まります。


教育熱心な親の子が3年か4年になりますと、6月と11月の全国規模の無料テストを経験する子が多くなります。


募集目的ですから、受験者が悲惨な得点にならないように易しめから難問まで出題されています。


成績を点数ではなく、順位と偏差値で見てみますと実力がわかります。


希望する学校の合格の目安となる偏差値と自分の偏差値が離れているほど頑張らなくてはいけません。


それは、今の自分より「デキる子ども」が受ける学校だからです。


その中での競争です。


成績が良い子は、勉強してます。


今の成績の差は、いままでの勉強量の差なのです。


やらなければトップ層との差は広がる一方です。


同じ理解力、同じ勉強量ならトップ層との差は縮まりません。


でも、合格するためには偏差値の差を縮めたい。



勉強量をこれ以上増やせない場合はどうしたらよいのでしょう?


学校の教師や塾の講師は個人の能力差について口にしませんが、同じ授業を受けても理解できる範囲はひとりひとり違い、可能な努力の程度にも違いがあるのが事実です。


この違いは神様が与えてくれたものです。


ひとり一人乗り越える壁の高さの違いは、神様が与えた試練ですから本気で頑張れば必ず超えられるものです。


本気で乗り越えようとするか、これくらいで良しとするか、人任せにするか。


これは高校入試・大学入試では、もはや受験生ひとりで乗り越える試練ですが、中学入試では乗り越える当事者は親と子です。


親が子どもをいかに励まし、頑張れる子にするかです。


テストにはストレスはつきものです。


「勉強しないと叱られる。」と思いながら勉強しても身が入りません。


「テストでいい点とらないと怒られる。どうしよう。」と思いながら模試を受けても、良い点数は取れません。



テスト前になると様子が変わる。


起きてこない。


模試になるとトイレに何回も行く。


これは親が子どもに過大なストレスを与えているという証拠です。



このようなストレスをどう親子の絆で乗り越えていくかが中学入試の受験勉強です。


子どもと同じ目線で勉強をやらせようとしてはいけません。


成績ばかりに目を奪われている親は、子どもに過大なプレッシャーをかけていることにも気づきません。


本来できる問題を落としたりする原因の一つは、親のプレッシャーです。


親が変われば、子も変わる。


親が変わらず、子は変わらない。

最新記事

すべて表示

成績を維持する方法

高学年で成績を維持するには、「穴」がない勉強をすすめることです。 新しい勉強は、常に既習分野の上に積み重なります。 穴があれば、新しい勉強はなかなか理解できません。 だから、解らないときの勉強は、大抵は基本からやり直しになってしまいます。 同じ方法でやり直すのか、もっと繰り返すのか、違う方法を試すのか、生徒にあったやり方を早く見つけないと時間切れとなります。 高学年では、できるだけ早く穴を探し、塞

宿題のやり方。

一般的に宿題が出される理由は、理解を深めるためと親は考えます。 一方、子どもはどのように考えているか知っていますか? 殆どの子どもは、終わらせるためにやるものだ考えているいます。 「宿題は終わったの?」という言葉をかけるから、「宿題は終わればいい」と勘違いします。 幼ければ幼いほど素直な受け取り方をします。 これが何回復習しても学習内容が定着しない一つの原因です。 できるようになるためにやることと

夏までに。

偏差値が上がるまでには時間がかかります。 まず勉強をして解法の論理を理解し、論理をアタマの引き出しにしまって、取り出すことから始まります。 練習問題では、問題を解くために論理をどのように関連付けるかを試します。 毎日、復習予習を含め進めるのですが、それでも半月前に理解したはずの内容がスッポリ抜け落ちてたりするものです。 抜け落ちを防ぐために3回程度の復習を一定期間開けながらやってやっと得点できるよ

pixta_34621787_XL.jpg

まずはお気軽に学習相談!

入会を検討される方に無料の学習相談(60分程度)を行っています

ご来校時に指導内容・指導方針・費用をご案内します

お問い合わせフォームから「学習相談希望」を選択の上、送信してください

© 2020 IQ教室