お母さんだってできないくせに!

4年になると徐々に親の言うことをきかなくなります。


もしかしたら、「お母さんだってできないくせに、解いてみろよ!」って思っているかもしれませんよ。



いまままで親や大人の示す「やる」「する」といった「規則」を絶対的に正しいものとして従っていたのですが、成長と共に考えが変化します。


つまり、幼いときはやるかやらないかの判断基準が、自分の要求によるものか、周りからの圧力によるものか区別がないのです。


しかし、4年生になると友人との関わりなどから「規則」は絶対的なものではなく、変更可能なものとして考えるようになります。


これが自立の始まりです。


大人の拘束から解放され、自分の考えによる行動が始まります。


子どもの成長を無視して、子どもに同じ接し方をしている親は、子どもが言うことをきかないと感じます。



行動(判断)の理由を考えさせる時間を与えていますか?


あれやれ!これやれ!と指示して、必要性・重要度・優先順位を判断させていますか?


当然、大人が考えるようなレベルではありませんが、自分で判断したことであれば少なくとも動機はあります。


動機もなく同じことは続きません。


顔を合わせるたびに「勉強しなさい」といわれても、目的もなく喜びも感じないことは、自分からやりません。


やらされていては、目標は達成できませんよ。


自分でやる子は、何かしら動機を持っています。



目標もあやふやでやらせ続けると、やらなくなります。


能力がずば抜けている子は、やらせ続けても出来てしまいます。


でも、辛い思いが残ります。


社会人になってから親にどういう感情を抱くのでしょう?

最新記事

すべて表示

長続き

長続きしていることは、やっているとき頑張ってるつもりがないことです。 嫌じゃないことです。 なんとなくまたやっている。 暇だからやっている。 誰かに引っ張られて続いていることがほとんどです。 大人でも、頑張って長続きすることはあまりありません。 そして、嫌なことは続かないのが人間です。 大人でもそうなのに、わが子に嫌なことを続けさせようとしてませんか? 嫌なことをやらせるより、好きになることを考え

才能

神がかり的な才能ではなく、「みんなに与えられている能力」を「才能」と表現させてもらいます。 才能は、平等な能力です。 才能は、好きなことの中から芽吹きます。 人並みのことしかしないから、人並みの結果です。 人より時間をかけてやるから、人より秀でた結果が得られます。 楽して人より良い思いしようなんて、都合がいいのです。 さて、どんなことなら人より時間をかけて取り組めますか? 好きなことならできるでし

なぜ勉強しないのか?

毎日の食事の準備に例えます。 買い物に出かけ、時間をかけて作った料理を「美味しくない。」といわれた時、「明日は喜んでくれるように頑張って料理しよう!」と思えるのは、1度きり・・・。 2度目は、「頑張って料理したのに、美味しくないって!」と思います。 さらに、「美味しくない!」って怒られたら・・・。 でも、明日も料理をしなければいけません。 いつまで続くのでしょうか? 子供の学習も同じです。 一生懸

© 2020 IQ教室

054-687-9319

Tel