お母さんだってできないくせに!

4年になると徐々に親の言うことをきかなくなります。


もしかしたら、「お母さんだってできないくせに、解いてみろよ!」って思っているかもしれませんよ。



いまままで親や大人の示す「やる」「する」といった「規則」を絶対的に正しいものとして従っていたのですが、成長と共に考えが変化します。


つまり、幼いときはやるかやらないかの判断基準が、自分の要求によるものか、周りからの圧力によるものか区別がないのです。


しかし、4年生になると友人との関わりなどから「規則」は絶対的なものではなく、変更可能なものとして考えるようになります。


これが自立の始まりです。


大人の拘束から解放され、自分の考えによる行動が始まります。


子どもの成長を無視して、子どもに同じ接し方をしている親は、子どもが言うことをきかないと感じます。



行動(判断)の理由を考えさせる時間を与えていますか?


あれやれ!これやれ!と指示して、必要性・重要度・優先順位を判断させていますか?


当然、大人が考えるようなレベルではありませんが、自分で判断したことであれば少なくとも動機はあります。


動機もなく同じことは続きません。


顔を合わせるたびに「勉強しなさい」といわれても、目的もなく喜びも感じないことは、自分からやりません。


やらされていては、目標は達成できませんよ。


自分でやる子は、何かしら動機を持っています。



目標もあやふやでやらせ続けると、やらなくなります。


能力がずば抜けている子は、やらせ続けても出来てしまいます。


でも、辛い思いが残ります。


社会人になってから親にどういう感情を抱くのでしょう?

最新記事

すべて表示

成績を維持する方法

高学年で成績を維持するには、「穴」がない勉強をすすめることです。 新しい勉強は、常に既習分野の上に積み重なります。 穴があれば、新しい勉強はなかなか理解できません。 だから、解らないときの勉強は、大抵は基本からやり直しになってしまいます。 同じ方法でやり直すのか、もっと繰り返すのか、違う方法を試すのか、生徒にあったやり方を早く見つけないと時間切れとなります。 高学年では、できるだけ早く穴を探し、塞

宿題のやり方。

一般的に宿題が出される理由は、理解を深めるためと親は考えます。 一方、子どもはどのように考えているか知っていますか? 殆どの子どもは、終わらせるためにやるものだ考えているいます。 「宿題は終わったの?」という言葉をかけるから、「宿題は終わればいい」と勘違いします。 幼ければ幼いほど素直な受け取り方をします。 これが何回復習しても学習内容が定着しない一つの原因です。 できるようになるためにやることと

夏までに。

偏差値が上がるまでには時間がかかります。 まず勉強をして解法の論理を理解し、論理をアタマの引き出しにしまって、取り出すことから始まります。 練習問題では、問題を解くために論理をどのように関連付けるかを試します。 毎日、復習予習を含め進めるのですが、それでも半月前に理解したはずの内容がスッポリ抜け落ちてたりするものです。 抜け落ちを防ぐために3回程度の復習を一定期間開けながらやってやっと得点できるよ

pixta_34621787_XL.jpg

まずはお気軽に学習相談!

入会を検討される方に無料の学習相談(60分程度)を行っています

ご来校時に指導内容・指導方針・費用をご案内します

お問い合わせフォームから「学習相談希望」を選択の上、送信してください

© 2020 IQ教室