お母さんだってできないくせに!

4年になると徐々に親の言うことをきかなくなります。


もしかしたら、「お母さんだってできないくせに、解いてみろよ!」って思っているかもしれませんよ。



いまままで親や大人の示す「やる」「する」といった「規則」を絶対的に正しいものとして従っていたのですが、成長と共に考えが変化します。


つまり、幼いときはやるかやらないかの判断基準が、自分の要求によるものか、周りからの圧力によるものか区別がないのです。


しかし、4年生になると友人との関わりなどから「規則」は絶対的なものではなく、変更可能なものとして考えるようになります。


これが自立の始まりです。


大人の拘束から解放され、自分の考えによる行動が始まります。


子どもの成長を無視して、子どもに同じ接し方をしている親は、子どもが言うことをきかないと感じます。



行動(判断)の理由を考えさせる時間を与えていますか?


あれやれ!これやれ!と指示して、必要性・重要度・優先順位を判断させていますか?


当然、大人が考えるようなレベルではありませんが、自分で判断したことであれば少なくとも動機はあります。


動機もなく同じことは続きません。


顔を合わせるたびに「勉強しなさい」といわれても、目的もなく喜びも感じないことは、自分からやりません。


やらされていては、目標は達成できませんよ。


自分でやる子は、何かしら動機を持っています。



目標もあやふやでやらせ続けると、やらなくなります。


能力がずば抜けている子は、やらせ続けても出来てしまいます。


でも、辛い思いが残ります。


社会人になってから親にどういう感情を抱くのでしょう?

最新記事

すべて表示

やり続けても終わらない!

夏休みに入り自分の課題がハッキリしてきた時期です。 塾の宿題も多くなり、なかなか終わなくなっていませんか? 苦手分野の問題は何度も分かるまで繰り返せばできるようになると思っていると、無駄に時間を使ってしまいます。 大学入試の経験がある大人ほど、自分の経験から子どもにも「勉強をやればできるようになって点数が上がる。」と考えていることが多いようです。 この経験に基づいて、大人は何度も繰り返させます。

夏は戦略が必要。

この夏休みは塾の夏期講習に行こうと思っている子が多いと思います。 夏期講習に行く目的は何ですか? 成績を上げるには、同じことをしていてもダメです。 みんなと同じことは当たり前、+αで成績が上がります。 どのくらい成績を上げたいの? 受験生であれば偏差値であといくつあげなければいけないのか? 志望校偏差値が60以上の学校で、6年夏に自分の偏差値がまだ2~3足りないのあれば、死にものぐるいでやらないと

学力はいつ伸びるのか?

毎年、4年生にぐらいから多くの小学生が中学受験塾へ通い始めます。 入塾前のテストで学力のレベルをチェックしてクラス分けされます。 この中で、4年生から徐々に成績を上げ最上位クラスに上がっていく子どもがどれだけいるのでしょうか? 入試直前まで伸びるから諦めてはダメだということを毎年夏を過ぎによく聞きます。 でも、それに該当するケースはどれくらいあるのでしょう? 入試は、いす取りゲームです。 先に座っ