記憶の始まりはいつですか?


断片的な記憶で女性が2才半~、男性が3才~4才くらいではありませんか?


継続的記憶の始まりは、語彙がある程度増えて3から4の単語を使い、出来事がお話しできるくらいの時期と重なります。


0才から2才半前の教育は、大人になったとき記憶に残らない無意識層に働きかけることです。 


この時期には、人として一番大切な「こころ」も育ちます。 


「こころ」を育てることが出来るのは、ご両親だけ。


あなたは、「こころ」が3才までに育つことを知っていましたか?


ちっちゃな「こころ」は、どのように育つのでしょうか?


「こころ」は、ご両親のあふれる愛情と、ありのままの実態を感じることで育ちます。 


見たり、聞いたり、触ったり・・・・。 すべてが、「こころ」を育てます。 


そして、嬉しい・楽しい・もっとやりたい・もういやだ・・・色んなことを思います。


感じて思っても言葉を知らないから、泣いて「こころ」の変化をママに伝えます。


泣いているだけですが、確実に「こころ」は育っています。



2才半までは、知識よりも感覚・感性を豊かに育てる時です。 


知識では、「こころ」は育ちません。 「感じ思うこと」で育ちます。


だから、非言語的・無意識的・直感的に物事を捉える能力を幼児期に育むべきです。



この能力は、「実態」を感じることで芽生えます。 


「繰り返し」や「刷り込み」では、芽生えません。



例えば、実物と絵や写真では、印象が違うのです。 



印象に残ったことは、いつまでもこころに持ち続けていますよね。 


印象は、「こころ」で感じたことだからです。 



さて、昔からの教育と言えば、


2才までにトイレを自分で判断できるように、オムツの卒業。


2才半では、パンツ・ズボン・上着ボタンの脱着・お箸が使えるように練習・・・。


これは、感覚が優れていなければできるようになりませんよね。



教育は、感覚を育てることから。


最新記事

すべて表示

性格を育てる。

習い事に週3日以上通っている子供が多くなりました。 わが子の可能性を引き出したい気持ちが現れていますね。 幼稚園が終わったら、小学校が終わったら、習い事に間に合わせるために慌ただしく過ごしていませんか? いまが一番時間を共有できるのですから、もっとゆっくり、親子で時間を過ごしませんか? 可能性を引き出すには、心の余裕が必要です。 余裕があるから、落ち着いて取り組むことができ、挑戦する気持ちが芽生え

才能の伸ばし方

競争は、才能を伸ばすのでしょうか? 学習に興味を持っていない子に、競争させても伸びません。 学習に興味を持っている子だったら、競争が才能を伸ばします。 学習とこれから長い時間向き合わなければなりません。 幼児だったら、マルやペケで判断しないこと。 間違おうと思って取り組んだことではないのだから、ペケがついたら傷つきます。 繰り返す気持ちは、評価されることから芽生えません。 自分でおかしいな? と感

育てたように育つ。

幼稚園に入園して集団行動が始まると、親は違いに気付きます。 違いは、生後3年間の過ごし方によるものです。 親は、こどもに原因があると考えます。 親に原因があるとは、考えません。 なぜでしょうか? 不思議です。 親が育てたように育ってきたのに。

© 2020 IQ教室

054-687-9319

Tel