こどもの学習は、「急いではいけない」。


あなたはどんな時に急いで走りますか?


仕事に間に合わないときですか? 


信号を渡るときですか?


待ち合わせの時ですか・・・?



いずれの場合も共通していることは、自分の都合では無い時です。


急ぐとイライラします。


急ぐと不注意で危険が増します。


急ぐと転びます。 


そして、ずっと急いで走り続けることはできません。



自分の目的や都合が無いのに、走りたい続けたいと思いますか? 




こどもの学習は、これと一緒だと思います。


こども自身は、学ぶ目的も理由も持っていません。


でも、ほとんどの親がこどもの将来を案じ、学習を勧めます。 


その結果、成長すると学習が嫌いになる子が多いですよね。



・・・・急かすからです。


自分のペースで学習できなくなるからです。


親は、中学入試、高校入試、大学入試と段々難しくなることをわが子が小学校に入る前から分かっているのに・・・。 


成長するに従って、先生の説明が早くなります。 ノートに書くのが間に合わないとか、ノートを取るっていると授業が解らなくなるとか・・・・。


その時のために今からしっかり備えましょう。 


優れた資質や記憶力を育てても、分かることばかりではありません。


しっかり分かるまでは、努力も必要ですし、時間もかかります。


理解する為には、「間違う時間」もたっぷり要ります。 


「間違い」から学ぶ時間が一番大切です。 


教えてもらうのは、最後の最後で間に合います。 


現代は、いつでも教えてもらえる環境が周りにあるのだから・・・。 



義務教育が6才から始まる理由は何でしょう? 


ひとりで通学できて、学校で集団授業が維持できる年令だから・・・・?


・・・入学を待つ必要はありません。 


発達はそれぞれ。 どの子も、発達に合わせてするべきことは沢山あります。 


幼児期に育つ能力を、手をかけ愛情いっぱいに育む。


樹木なら、栄養を一番吸収する太い根っこが育つ時期ですから。


ゆっくり自分の歩幅で歩き、道草や寄り道をしながら親子で楽しみを見つけるから、自分自身でいつまでも歩き続けることができるのではないでしょうか?


日没までに遠くの目的地に行きたいとき、急がず落ち着いて安全に行くには「朝早く」に出掛けますよね。


こどもの発達に合わせて、無理せずゆっくり考慮できる時間を確保しましょう。


知能を育て上げ一緒に道草をして、こどもが自分の目的(夢)を見つけたなら、ひとりで歩きだします。


今から道草しながら、歩き始めませんか?

最新記事

すべて表示

できる子の親が始めにすること

どんな事でも原点があります。 あなたの経験で勉強の原点は何処ですか? 子どもが勉強を始めるのにも、原点があります。 それを指し示すことができるのは親だけです。 物心がつく頃に、笑顔であふれながら原点に立たせているのが理想です。 世の中の仕組みがわかる事の楽しさ、喜びに気づかせるのが親の役目。 原点を大事にする理由は、気持ちが通じあうことが子どもにとって重要だからです。 振り返る思い出があることが大

できる子の親の子育て法。

できる子の親は、成績では怒りません。 それがありのままの学力と受け止めます。 計算ミスもミスするのが実力と受け止めます。 たらればも、もったいないもありません。 受け入れられる成績かどうか決めるのは、子ども自身だと気づいています。 こんな成績のつもりではなかった。と思って初めて自分の問題として勉強について考えることを待っています。 できる子の親は、勉強が進まなくても怒りません。 小学生は受け身でし

限界値を上げる

母親にとって、最初は一心同体だったわが子は、成長しながら少しずつ自分の意思で行動し始めます。 時間と共に一心同体から、やがて二人三脚となります。 だから、子供に歩調・歩幅を合わせなければ転んでしまいます。 親が勝手にペースを上げると転びます。 ひとりで歩くことで、脚力がついて次第に親のペースに乗ってこれるようになります。 行きたいところを見つけて、自分の意思で歩くから、大変でも脚力がついていく。