ある家電メーカーは「失敗も評価」しています。


「成功」か「失敗」だけで評価されると失敗を恐れ、おもしろさも失い、挑戦意欲もなくなる。「指示待ち社員が増え、製品開発や経営に影響を与える」からです。


教育も同じですね。


成功結果を求める。→「マル」がつく。


考えずに、先にやり方を教えもらって(指示)、繰り返しなぞれば、マル(評価)がもらえる。 



これは、幼児期の学びにはふさわしくありません。


自分の答えにたどり着いたことに「マル」をあげて、親子でいっしょに「検査」する。


自分で違いに気づく時間です。


「検査」ですから、考えたとおりか確認する事が目的。


「バツ」ではないのです。訂正すればいいのです。


自分で気づけば、気をつけます。 自分で気づくから「発見」です。


教えると何度も同じことを繰り返します。


親がわが子にすることは、やっぱり環境を整えること。


最新記事

すべて表示

できる子の親が始めにすること

どんな事でも原点があります。 あなたの経験で勉強の原点は何処ですか? 子どもが勉強を始めるのにも、原点があります。 それを指し示すことができるのは親だけです。 物心がつく頃に、笑顔であふれながら原点に立たせているのが理想です。 世の中の仕組みがわかる事の楽しさ、喜びに気づかせるのが親の役目。 原点を大事にする理由は、気持ちが通じあうことが子どもにとって重要だからです。 振り返る思い出があることが大

できる子の親の子育て法。

できる子の親は、成績では怒りません。 それがありのままの学力と受け止めます。 計算ミスもミスするのが実力と受け止めます。 たらればも、もったいないもありません。 受け入れられる成績かどうか決めるのは、子ども自身だと気づいています。 こんな成績のつもりではなかった。と思って初めて自分の問題として勉強について考えることを待っています。 できる子の親は、勉強が進まなくても怒りません。 小学生は受け身でし

限界値を上げる

母親にとって、最初は一心同体だったわが子は、成長しながら少しずつ自分の意思で行動し始めます。 時間と共に一心同体から、やがて二人三脚となります。 だから、子供に歩調・歩幅を合わせなければ転んでしまいます。 親が勝手にペースを上げると転びます。 ひとりで歩くことで、脚力がついて次第に親のペースに乗ってこれるようになります。 行きたいところを見つけて、自分の意思で歩くから、大変でも脚力がついていく。

pixta_34621787_XL.jpg

まずはお気軽に学習相談!

入会を検討される方に無料の学習相談(60分程度)を行っています

ご来校時に指導内容・指導方針・費用をご案内します

お問い合わせフォームから「学習相談希望」を選択の上、送信してください

© 2020 IQ教室