ある家電メーカーは「失敗も評価」しています。


「成功」か「失敗」だけで評価されると失敗を恐れ、おもしろさも失い、挑戦意欲もなくなる。「指示待ち社員が増え、製品開発や経営に影響を与える」からです。


教育も同じですね。


成功結果を求める。→「マル」がつく。


考えずに、先にやり方を教えもらって(指示)、繰り返しなぞれば、マル(評価)がもらえる。 



これは、幼児期の学びにはふさわしくありません。


自分の答えにたどり着いたことに「マル」をあげて、親子でいっしょに「検査」する。


自分で違いに気づく時間です。


「検査」ですから、考えたとおりか確認する事が目的。


「バツ」ではないのです。訂正すればいいのです。


自分で気づけば、気をつけます。 自分で気づくから「発見」です。


教えると何度も同じことを繰り返します。


親がわが子にすることは、やっぱり環境を整えること。


最新記事

すべて表示

性格を育てる。

習い事に週3日以上通っている子供が多くなりました。 わが子の可能性を引き出したい気持ちが現れていますね。 幼稚園が終わったら、小学校が終わったら、習い事に間に合わせるために慌ただしく過ごしていませんか? いまが一番時間を共有できるのですから、もっとゆっくり、親子で時間を過ごしませんか? 可能性を引き出すには、心の余裕が必要です。 余裕があるから、落ち着いて取り組むことができ、挑戦する気持ちが芽生え

才能の伸ばし方

競争は、才能を伸ばすのでしょうか? 学習に興味を持っていない子に、競争させても伸びません。 学習に興味を持っている子だったら、競争が才能を伸ばします。 学習とこれから長い時間向き合わなければなりません。 幼児だったら、マルやペケで判断しないこと。 間違おうと思って取り組んだことではないのだから、ペケがついたら傷つきます。 繰り返す気持ちは、評価されることから芽生えません。 自分でおかしいな? と感

育てたように育つ。

幼稚園に入園して集団行動が始まると、親は違いに気付きます。 違いは、生後3年間の過ごし方によるものです。 親は、こどもに原因があると考えます。 親に原因があるとは、考えません。 なぜでしょうか? 不思議です。 親が育てたように育ってきたのに。

© 2020 IQ教室

054-687-9319

Tel