ブラッシュアップ

親は、学習と仕事を同じように「効率」を考えます。


これとこれをして、それからブラッシュアップして・・・というように。


大人とは、理解の過程が違うから大人の方法を持ち出しても上手くいきません。


小学校3年生までの学習は、量より質が問われます。 


処理する練習と推論の学習のバランスが大切。


推論できるようになるには、実体験が不可欠です。


見た事のないことはイメージできません。


机上のプリントだけではなく、常に生活の中で楽しみながらいろんな事象を目で見て、触って五感を育てることも忘れずに。



親の立てた計画通りにはなかなか進みません。


いそいで効率や量を追い求めず、過程と質に目を向けて下さい。


最新記事

すべて表示

性格を育てる。

習い事に週3日以上通っている子供が多くなりました。 わが子の可能性を引き出したい気持ちが現れていますね。 幼稚園が終わったら、小学校が終わったら、習い事に間に合わせるために慌ただしく過ごしていませんか? いまが一番時間を共有できるのですから、もっとゆっくり、親子で時間を過ごしませんか? 可能性を引き出すには、心の余裕が必要です。 余裕があるから、落ち着いて取り組むことができ、挑戦する気持ちが芽生え

才能の伸ばし方

競争は、才能を伸ばすのでしょうか? 学習に興味を持っていない子に、競争させても伸びません。 学習に興味を持っている子だったら、競争が才能を伸ばします。 学習とこれから長い時間向き合わなければなりません。 幼児だったら、マルやペケで判断しないこと。 間違おうと思って取り組んだことではないのだから、ペケがついたら傷つきます。 繰り返す気持ちは、評価されることから芽生えません。 自分でおかしいな? と感

育てたように育つ。

幼稚園に入園して集団行動が始まると、親は違いに気付きます。 違いは、生後3年間の過ごし方によるものです。 親は、こどもに原因があると考えます。 親に原因があるとは、考えません。 なぜでしょうか? 不思議です。 親が育てたように育ってきたのに。

© 2020 IQ教室

054-687-9319

Tel