沈黙とは、「耳を澄まして考える」ことです。


「もの」は、そこにあるだけです。


「もの」が語りかけていることは何か? 感覚を研ぎ澄まさないと気づきません。


もの・・・形・・・図形


例えば、隠れた線(補助線)を手がかりにしないと解けない中学入試の図形問題が沢山あります。


図形は、よーく耳を澄ますと「ここに線が見えるでしょ?」 と語りかけているのです。


雑踏の中で集中したとき、感覚を研ぎ澄ますと雑音は気になりません。


問題と対話しているからです。


そんな集中力は、「沈黙」の経験から育ちます。


直ぐに答えなければいけないこと、じっくり考えることの見極めも大事ですね。 

最新記事

すべて表示

性格を育てる。

習い事に週3日以上通っている子供が多くなりました。 わが子の可能性を引き出したい気持ちが現れていますね。 幼稚園が終わったら、小学校が終わったら、習い事に間に合わせるために慌ただしく過ごしていませんか? いまが一番時間を共有できるのですから、もっとゆっくり、親子で時間を過ごしませんか? 可能性を引き出すには、心の余裕が必要です。 余裕があるから、落ち着いて取り組むことができ、挑戦する気持ちが芽生え

才能の伸ばし方

競争は、才能を伸ばすのでしょうか? 学習に興味を持っていない子に、競争させても伸びません。 学習に興味を持っている子だったら、競争が才能を伸ばします。 学習とこれから長い時間向き合わなければなりません。 幼児だったら、マルやペケで判断しないこと。 間違おうと思って取り組んだことではないのだから、ペケがついたら傷つきます。 繰り返す気持ちは、評価されることから芽生えません。 自分でおかしいな? と感

育てたように育つ。

幼稚園に入園して集団行動が始まると、親は違いに気付きます。 違いは、生後3年間の過ごし方によるものです。 親は、こどもに原因があると考えます。 親に原因があるとは、考えません。 なぜでしょうか? 不思議です。 親が育てたように育ってきたのに。

© 2020 IQ教室

054-687-9319

Tel