植物のタネが発芽する為の条件は、水と温度と酸素です。


光は、条件ではありません。


発芽した後は、光がなければ光合成ができませんから、発芽した植物はやがて枯れてしまいます。


陽当たりの良い場所に植木鉢を動かしてください。


陽当たりで、同じように水をあげても、根の張りと幹の太さ、枝ぶりが変わってきます。


環境が大事。


根を張り始め、同時に太陽に向かって幹を伸ばし始めます。


ひとは、快感や満足感を求め、「嬉しさ」「喜び」を求め、成長するとやがて「こうなりたい!」と思って生きています。


あなたも、そうではありませんか?


おなかが空いて、食べたいものを食べると満足する。


おなかが空いても嫌いなものだったら、空腹ではなくなりますが満足はしません。


誰でも「よくやった!」と褒められるのは嬉しいものです。



子供は、うれしいと「はしゃぎます。」


さて、子供は「やらなければいけないこと」の判断は出来ません。


「やらなければいけないこと」をやったとき、「快感と満足感」を感じさせていますか?


「欲望」が満たされると「満足」しますが、子供は気づいていません。


ご両親の笑顔が子供にとって、「満足」なのです。



まだ、「あなたの笑顔」を得るために、禁欲的に頑張ることはできません。



「満足」は、自分の行動の結果で得られることを学ばせましょう。



子供の心をいつも感じながら触れ合ってください。

最新記事

すべて表示

できる子の親が始めにすること

どんな事でも原点があります。 あなたの経験で勉強の原点は何処ですか? 子どもが勉強を始めるのにも、原点があります。 それを指し示すことができるのは親だけです。 物心がつく頃に、笑顔であふれながら原点に立たせているのが理想です。 世の中の仕組みがわかる事の楽しさ、喜びに気づかせるのが親の役目。 原点を大事にする理由は、気持ちが通じあうことが子どもにとって重要だからです。 振り返る思い出があることが大

できる子の親の子育て法。

できる子の親は、成績では怒りません。 それがありのままの学力と受け止めます。 計算ミスもミスするのが実力と受け止めます。 たらればも、もったいないもありません。 受け入れられる成績かどうか決めるのは、子ども自身だと気づいています。 こんな成績のつもりではなかった。と思って初めて自分の問題として勉強について考えることを待っています。 できる子の親は、勉強が進まなくても怒りません。 小学生は受け身でし

限界値を上げる

母親にとって、最初は一心同体だったわが子は、成長しながら少しずつ自分の意思で行動し始めます。 時間と共に一心同体から、やがて二人三脚となります。 だから、子供に歩調・歩幅を合わせなければ転んでしまいます。 親が勝手にペースを上げると転びます。 ひとりで歩くことで、脚力がついて次第に親のペースに乗ってこれるようになります。 行きたいところを見つけて、自分の意思で歩くから、大変でも脚力がついていく。

pixta_34621787_XL.jpg

まずはお気軽に学習相談!

入会を検討される方に無料の学習相談(60分程度)を行っています

ご来校時に指導内容・指導方針・費用をご案内します

お問い合わせフォームから「学習相談希望」を選択の上、送信してください

© 2020 IQ教室