神がかり的な才能ではなく、「みんなに与えられている能力」を「才能」と表現させてもらいます。


才能は、平等な能力です。


才能は、好きなことの中から芽吹きます。


人並みのことしかしないから、人並みの結果です。


人より時間をかけてやるから、人より秀でた結果が得られます。


楽して人より良い思いしようなんて、都合がいいのです。


さて、どんなことなら人より時間をかけて取り組めますか?


好きなことならできるでしょ?


時間をかけて取り組むとは、努力していることにつながります。


親が取り組ませたいことをこどもが「好き」になるように育てることを考えて行動するべきです。


子供に根性論は通用しません。


幼児は無知です。 先入観もありません。 純粋です。  


残念な親は、教えれば解る。やがて解るだろう。と勘違いしています。


気持ちは考えないし、解らないものは解らないことも気づいていません。


解らなくてもいい。 「解らないことを積み重ねるから、解るようになる。」 ことに気づかせるのが賢い親。 


電球を発明したエジソン。 


発明までに実験を2000回以上繰り返したそうです。


正解があるか解らない問題に、2000回以上取り組んだのです。


新聞記者がエジソンに質問しました。


「2000回以上も失敗したことをどう思いますか?」


「失敗? 私は一度も失敗したことはない。 ただ、たまたま2000回以上の積み重ねをしただけだ。」


2000回以上もなぜ積み重ねるができたのでしょうか?


「絶対できる!」という信念と「まだやってないことがある。」という思いです。


きっと、試すことが面白かったんですね。 夢中になれるから、回数なんて気にしない。 


好きなんです。


「やらせること」ばかりを考えるのが残念な親。


できなかったり間違ったら、やっていないことを見つける分析力、折れない心と好奇心を育てるのが賢い親。


できないことは、恥ずかしいことや、悪いことではありません。


そこからスタートすればいいのです。 


でも、できるようになるまでにとっても時間がかかります。


そんなこと解っているのに、親が、周りを気にしたりするから、子供もすぐ回答しないといけない、できなければいけないと勘違いをするのです。


学びは発見と気づきですから、エジソンのように経験の積み重ねが不可欠で、すぐにできること、解ることばかりではないのです。


こどもには経験する時間が必要です。 親にも試行錯誤の時間が必要です。


こどもの心は、学校や習い事では育ちません。


受験勉強とはちがいます。

最新記事

すべて表示

進学塾に通うには。

あなたは、お腹がすていないのに食事のためにレストランに行きますか? お腹もすいていないのにレストランへ行くときは、待ち合わせや時間つぶしです。 目的は食事ではなく雑談ですね。 塾や習い事はどうでしょう? 大して勉強したくないのに親に通わされている。 家にいても勉強しないから塾に通わされている。 こんな子どもは、塾で時間をつぶしているようなものです。 塾は、勉強をするところ。 成績を上げるために行く

一人で勉強できるまで。

親の背中を見て、精一杯ついてきた9歳まで。一人でできることが求められる10歳から。 その姿を見て、良い親ほど子どもに大きな期待を抱きます。 期待が大きい親は、もうそろそろ一人でできるだろう...。と、先回りしていろんなことをやらせようとします。 過保護な親は、まだこれくらいでいいよ...。とやることを制限します。 大事なことは親の期待を満たすことではなく、子どもが独りで判断して、いろんな事ができる

通塾を始める前にできる事

進学塾で勉強するための下地ができていますか? 下地は生まれてから毎日の経験の積み重ねで出来上がります。 下地とは、賢くなる準備です。 下地ができているかいないかは、 聞いた話の内容を理解できる。 出来事を時系列に話せる。 伝えたいことを筋道を立てて伝えられる。 3つ以上のものを同時に比較できる。 置き換えて考える。 言い換えができるなど。 自然を見せていますか? 言葉を教えていますか? 体を動かし

© 2020 IQ教室

054-687-9319

Tel