競争は、才能を伸ばすのでしょうか?


学習に興味を持っていない子に、競争させても伸びません。


学習に興味を持っている子だったら、競争が才能を伸ばします。


学習とこれから長い時間向き合わなければなりません。


幼児だったら、マルやペケで判断しないこと。


間違おうと思って取り組んだことではないのだから、ペケがついたら傷つきます。 


繰り返す気持ちは、評価されることから芽生えません。


自分でおかしいな? と感じることが、もう一度やってみるきっかけにつながります。


教科学習で面白いところを見つけられるような環境を整えることです。


テキストにとらわれず、興味が持てることを親子で見つけましょう。


そして掘り下げましょう。 興味は、そこから芽生えます。


ある年齢になったから、そろそろ学習に取り組ませよう。と言うのは、親の勝手な都合です。


プリントを繰り返したり、例題→練習問題という学習では、興味が湧くはずがありません。


競争と評価は、友達に負けたくない気持ちが芽生えるまで待つことが大事。


でも、学校に入ると競争が始まり、評価されてしまいます。


だから、その前に親がすることがあるのです。

最新記事

すべて表示

できる子の親が始めにすること

どんな事でも原点があります。 あなたの経験で勉強の原点は何処ですか? 子どもが勉強を始めるのにも、原点があります。 それを指し示すことができるのは親だけです。 物心がつく頃に、笑顔であふれながら原点に立たせているのが理想です。 世の中の仕組みがわかる事の楽しさ、喜びに気づかせるのが親の役目。 原点を大事にする理由は、気持ちが通じあうことが子どもにとって重要だからです。 振り返る思い出があることが大

できる子の親の子育て法。

できる子の親は、成績では怒りません。 それがありのままの学力と受け止めます。 計算ミスもミスするのが実力と受け止めます。 たらればも、もったいないもありません。 受け入れられる成績かどうか決めるのは、子ども自身だと気づいています。 こんな成績のつもりではなかった。と思って初めて自分の問題として勉強について考えることを待っています。 できる子の親は、勉強が進まなくても怒りません。 小学生は受け身でし

限界値を上げる

母親にとって、最初は一心同体だったわが子は、成長しながら少しずつ自分の意思で行動し始めます。 時間と共に一心同体から、やがて二人三脚となります。 だから、子供に歩調・歩幅を合わせなければ転んでしまいます。 親が勝手にペースを上げると転びます。 ひとりで歩くことで、脚力がついて次第に親のペースに乗ってこれるようになります。 行きたいところを見つけて、自分の意思で歩くから、大変でも脚力がついていく。