「素養」とは、普段からの心がけで身につけた知識・教養のことを意味します。


普段からの心がけ・・・・。気持ちのあり方です。


幼児期の過ごし方で、後の「飽きやすい。」「我慢できない。」「気が散りやすい。」「気まぐれ。」「嫌なことはやらない。」「執着する。」 など気持ちのあり方が形成されます。


それは、幼稚園児にもなると段々クセや性格がハッキリしてくることから分かります。


まだ成長の盛りですが、「心」は体よりずっと早く育っています。


「普段からの心がけ」の芽は、すでに芽をだしているのです。 


この時期にしなければいけないことは、「行動常識」を教えることと、「躾」です。 これは他人が教えることではなく、親の義務です。 習い事は、このあとでも間に合います。 


勝手と自由とは違います。 自由には、ルールがあります。  


「慎むべき行動」をわきまえるように育てるには、小学校入学までが大事です。


幼児期にマナーや常識をしっかり教え、次に「一つのことを成し遂げること」に価値があることに気づかせる。 やがて、「できなかった自分」と「できるようになった自分」の変化がわかります。


無理にやらせれば、「じっくり」やりません。 せかしてもダメ。 興味がなくてもダメ。


親と一緒に我慢して、一緒に失敗して、一緒に悩んで、少しずつ「心がけ」が伝わります。


ひとりひとり個性が違うのだから、取り組むこともそれぞれ。


「普段からの心がけ」は、示して伝えるもの。


どんな子に育つかは親の関わり次第。


もてはやされてる先輩ママを真似しても、才能も個性も環境も違うのでうまくいきません。



わが子の素養を育てる時期に育てず、年齢で勉強を始めても良い結果は得られません。


“東大までの人”を量産……人気予備校講師が語る「母親主導の受験の弊害」 | ハーバー・ビジネス・オンライン (hbol.jp)


教育を投資と考えたり、消費としてコスパを求める親の姿勢は、子どもの学力に影響します。

最新記事

すべて表示

できる子の親が始めにすること

どんな事でも原点があります。 あなたの経験で勉強の原点は何処ですか? 子どもが勉強を始めるのにも、原点があります。 それを指し示すことができるのは親だけです。 物心がつく頃に、笑顔であふれながら原点に立たせているのが理想です。 世の中の仕組みがわかる事の楽しさ、喜びに気づかせるのが親の役目。 原点を大事にする理由は、気持ちが通じあうことが子どもにとって重要だからです。 振り返る思い出があることが大

できる子の親の子育て法。

できる子の親は、成績では怒りません。 それがありのままの学力と受け止めます。 計算ミスもミスするのが実力と受け止めます。 たらればも、もったいないもありません。 受け入れられる成績かどうか決めるのは、子ども自身だと気づいています。 こんな成績のつもりではなかった。と思って初めて自分の問題として勉強について考えることを待っています。 できる子の親は、勉強が進まなくても怒りません。 小学生は受け身でし

限界値を上げる

母親にとって、最初は一心同体だったわが子は、成長しながら少しずつ自分の意思で行動し始めます。 時間と共に一心同体から、やがて二人三脚となります。 だから、子供に歩調・歩幅を合わせなければ転んでしまいます。 親が勝手にペースを上げると転びます。 ひとりで歩くことで、脚力がついて次第に親のペースに乗ってこれるようになります。 行きたいところを見つけて、自分の意思で歩くから、大変でも脚力がついていく。