どんなことでも自分のペースがあります。


無理に急げば苦しくなるし、ゆっくりだとだらけてしまう。


幼児の学習もペースが大事。 発達、理解を測りながら個々のペースで進めるのが一番いい。


初めての事を分かるには、誰でも時間がかかります。


だから、取り組む課題の順番に注意を払い、時間に余裕を持って始めましょう。


「この時、これが理解できるように育てるためには?」と考えてますか?


「分かるだろうとか、できるだろう」は、やってみなければハッキリしません。


その予想と違ったときの犠牲は子供が払う事になります。


親の気持ちに余裕がないと、いつの間にか周りと比べてしまったり、無理強いしてしまったり・・・。


幼児の理解度は、時間に比例して高まっていくものではありません。  体験を積み重ねて蓄積されたものが、ある時爆発したように突然高まります。


親の役目の中には、プランニングと無理のないペースメーカーとなる事も含まれています。

最新記事

すべて表示

限界値を上げる

母親にとって、最初は一心同体だったわが子は、成長しながら少しずつ自分の意思で行動し始めます。 時間と共に一心同体から、やがて二人三脚となります。 だから、子供に歩調・歩幅を合わせなければ転んでしまいます。 親が勝手にペースを上げると転びます。 ひとりで歩くことで、脚力がついて次第に親のペースに乗ってこれるようになります。 行きたいところを見つけて、自分の意思で歩くから、大変でも脚力がついていく。

早期発見・早期手当

気になる様子・仕草があったら、早期発見のきっかけです。 お医者さんに見てもらった時、「何でもっと早く来なかったんですか?」 「気になる症状があったでしょう?」 ・・・って言われた事ありませんか? 時間が経てば治るとは限りません。 症状が悪化したら、使う薬はきつくなり、副作用もでてきます。 学習も同じ事。

うちの子の適性は?

あなたが好きなことは何ですか?・・・マイブームです。 マイブームになるともっと知りたい、もっとやりたい気持ちでいっぱいです。 時間もすぐ経ってしまいます。 マイブームになったきっかけは・・・? 子どもも同じです。 適性を探すには、お気に入りを伸ばしてあげること。 好きだからやっている。 やっていると楽しい。 やらされているのではないのですから。 年齢に合った昔からある「親子で遊べる」ものから探しま

© 2020 IQ教室

054-687-9319

Tel