大きくなって、後からやればいい。・・・


でも、どうせやるなら今できることからやった方がいい。


今のやることがあるはずです。 


時間は、止まってくれません。 


解るまでの階段をそれぞれのペースで登る事が大事。


遠回りと思う道が、いちばん近道。


親は、子を思って色々なことを施します。


将来のわが子の姿を夢見て・・・。


幼い子は「あるがまま」に、そして「気まま」に生きています。


だから、子育ては、思い通りに行かないことが本当に多いですよね。


そんなとき、


「与えて思わず・・・。」


気持ちの余裕が大切・・・。


子どもの適性を探す手がかりです。


最新記事

すべて表示

進学塾に通うには。

あなたは、お腹がすていないのに食事のためにレストランに行きますか? お腹もすいていないのにレストランへ行くときは、待ち合わせや時間つぶしです。 目的は食事ではなく雑談ですね。 塾や習い事はどうでしょう? 大して勉強したくないのに親に通わされている。 家にいても勉強しないから塾に通わされている。 こんな子どもは、塾で時間をつぶしているようなものです。 塾は、勉強をするところ。 成績を上げるために行く

一人で勉強できるまで。

親の背中を見て、精一杯ついてきた9歳まで。一人でできることが求められる10歳から。 その姿を見て、良い親ほど子どもに大きな期待を抱きます。 期待が大きい親は、もうそろそろ一人でできるだろう...。と、先回りしていろんなことをやらせようとします。 過保護な親は、まだこれくらいでいいよ...。とやることを制限します。 大事なことは親の期待を満たすことではなく、子どもが独りで判断して、いろんな事ができる

中学受験

国立最難関の大学入試には「素養」がある子たちが6年もかけて準備をして挑みます。 では、中学受験ではどうでしょう? 塾の算数のカリキュラムでは、4年の「おおきな数」から始まって、6年では高校数学Ⅰの内容まで学習します。 下地ができていない小学生には過酷な勉強内容です。 わが子が何年間の準備で間に合う内容か入試問題を確認することが不可欠です。 塾のカリキュラムの進度でついていける子とそうではない子に分

© 2020 IQ教室

054-687-9319

Tel