最終更新: 1月30日

やがて解るだろう。・・・これは、偶然におこる学習機会を期待している。・・・ということです。


いつまでたっても理解が深まらない理由の一つです。


一方、理解させたいことがハッキリしていて、そのために計画的に段階を踏んで理解に導くことは、意図的学習となります。


偶然に(たまたまに)起こる現象・体験から学習する機会は、非常に限られています。 


偶然なのですから、気がつかなかったり、見過ごしたり・・・。せっかくの機会も逃すことが多くあります。


意図的学習をする場とは、子供が成長していく毎日の生活環境そのものです。


塾のプリント学習ではありません。

最新記事

すべて表示

進学塾に通うには。

あなたは、お腹がすていないのに食事のためにレストランに行きますか? お腹もすいていないのにレストランへ行くときは、待ち合わせや時間つぶしです。 目的は食事ではなく雑談ですね。 塾や習い事はどうでしょう? 大して勉強したくないのに親に通わされている。 家にいても勉強しないから塾に通わされている。 こんな子どもは、塾で時間をつぶしているようなものです。 塾は、勉強をするところ。 成績を上げるために行く

一人で勉強できるまで。

親の背中を見て、精一杯ついてきた9歳まで。一人でできることが求められる10歳から。 その姿を見て、良い親ほど子どもに大きな期待を抱きます。 期待が大きい親は、もうそろそろ一人でできるだろう...。と、先回りしていろんなことをやらせようとします。 過保護な親は、まだこれくらいでいいよ...。とやることを制限します。 大事なことは親の期待を満たすことではなく、子どもが独りで判断して、いろんな事ができる

通塾を始める前にできる事

進学塾で勉強するための下地ができていますか? 下地は生まれてから毎日の経験の積み重ねで出来上がります。 下地とは、賢くなる準備です。 下地ができているかいないかは、 聞いた話の内容を理解できる。 出来事を時系列に話せる。 伝えたいことを筋道を立てて伝えられる。 3つ以上のものを同時に比較できる。 置き換えて考える。 言い換えができるなど。 自然を見せていますか? 言葉を教えていますか? 体を動かし

© 2020 IQ教室

054-687-9319

Tel