本来、学びは「気づきや発見」だと思いませんか?


研究者は、「新しい発見」するまで何度も失敗し、やり直していますよね。


「時間」も何年もかかっています。


こどもの学びも、「発見と共に学ぶ」には時間がかかるのです。


でも、こども達は「習う」ことばかりです。


「習った」ことが、できたか?できないか?だけです。


間違いは、許されない雰囲気・・・。 直ぐ解ることが評価される。


次第に時間が過ぎることを考える。 


学びが、「面白い!」と思うわけがありません。


家では、こんな環境にしてはいけません。

 


伸びる子供に育てるなら枠にとらわれないこと。


親は子どもが自分で「面白いこと」を見つける気持ちの余裕と環境を大切にしています。

最新記事

すべて表示

性格を育てる。

習い事に週3日以上通っている子供が多くなりました。 わが子の可能性を引き出したい気持ちが現れていますね。 幼稚園が終わったら、小学校が終わったら、習い事に間に合わせるために慌ただしく過ごしていませんか? いまが一番時間を共有できるのですから、もっとゆっくり、親子で時間を過ごしませんか? 可能性を引き出すには、心の余裕が必要です。 余裕があるから、落ち着いて取り組むことができ、挑戦する気持ちが芽生え

長続き

長続きしていることは、やっているとき頑張ってるつもりがないことです。 嫌じゃないことです。 なんとなくまたやっている。 暇だからやっている。 誰かに引っ張られて続いていることがほとんどです。 大人でも、頑張って長続きすることはあまりありません。 そして、嫌なことは続かないのが人間です。 大人でもそうなのに、わが子に嫌なことを続けさせようとしてませんか? 嫌なことをやらせるより、好きになることを考え

才能の伸ばし方

競争は、才能を伸ばすのでしょうか? 学習に興味を持っていない子に、競争させても伸びません。 学習に興味を持っている子だったら、競争が才能を伸ばします。 学習とこれから長い時間向き合わなければなりません。 幼児だったら、マルやペケで判断しないこと。 間違おうと思って取り組んだことではないのだから、ペケがついたら傷つきます。 繰り返す気持ちは、評価されることから芽生えません。 自分でおかしいな? と感

© 2020 IQ教室

054-687-9319

Tel