本来、学びは「気づきや発見」だと思いませんか?


研究者は、「新しい発見」するまで何度も失敗し、やり直していますよね。


「時間」も何年もかかっています。


こどもの学びも、「発見と共に学ぶ」には時間がかかるのです。


でも、こども達は「習う」ことばかりです。


「習った」ことが、できたか?できないか?だけです。


間違いは、許されない雰囲気・・・。 直ぐ解ることが評価される。


次第に時間が過ぎることを考える。 


学びが、「面白い!」と思うわけがありません。


家では、こんな環境にしてはいけません。

 


伸びる子供に育てるなら枠にとらわれないこと。


親は子どもが自分で「面白いこと」を見つける気持ちの余裕と環境を大切にしています。

最新記事

すべて表示

やり続けても終わらない!

夏休みに入り自分の課題がハッキリしてきた時期です。 塾の宿題も多くなり、なかなか終わなくなっていませんか? 苦手分野の問題は何度も分かるまで繰り返せばできるようになると思っていると、無駄に時間を使ってしまいます。 大学入試の経験がある大人ほど、自分の経験から子どもにも「勉強をやればできるようになって点数が上がる。」と考えていることが多いようです。 この経験に基づいて、大人は何度も繰り返させます。

夏は戦略が必要。

この夏休みは塾の夏期講習に行こうと思っている子が多いと思います。 夏期講習に行く目的は何ですか? 成績を上げるには、同じことをしていてもダメです。 みんなと同じことは当たり前、+αで成績が上がります。 どのくらい成績を上げたいの? 受験生であれば偏差値であといくつあげなければいけないのか? 志望校偏差値が60以上の学校で、6年夏に自分の偏差値がまだ2~3足りないのあれば、死にものぐるいでやらないと

学力はいつ伸びるのか?

毎年、4年生にぐらいから多くの小学生が中学受験塾へ通い始めます。 入塾前のテストで学力のレベルをチェックしてクラス分けされます。 この中で、4年生から徐々に成績を上げ最上位クラスに上がっていく子どもがどれだけいるのでしょうか? 入試直前まで伸びるから諦めてはダメだということを毎年夏を過ぎによく聞きます。 でも、それに該当するケースはどれくらいあるのでしょう? 入試は、いす取りゲームです。 先に座っ