知恵から育てる。

解きたい気持ちを身につける順番。


こどもは、まだ知恵が育っていません。


まず知恵を育てることが一番最初です。


子どもにとって一番かんたんな知恵とは、褒められること。


何をどうしたら褒められるのか?


親が気づかせ、自分で考えるように育てましょう。


教わる、習う、やらされて身につけることではありません。


幼児期には、頑張って努力することもまだ知りません。


褒められるために自分で少し頑張ってみる。


最初は努力と思ってないのです。


でも、やがて学校教育でいろんな科目が増えてくるに従って、成長と共に頑張らなくては競争に勝てないこと感じます。

 

才能・能力が育っても、それだけでは足りません。 努力して、自分で伸びようとしなければ成長は止まります。


いきなりやらせようとしても、「そっぽむく」だけです。


「解きたい気持ちを育てること」が、親の役目一つです。

最新記事

すべて表示

長続き

長続きしていることは、やっているとき頑張ってるつもりがないことです。 嫌じゃないことです。 なんとなくまたやっている。 暇だからやっている。 誰かに引っ張られて続いていることがほとんどです。 大人でも、頑張って長続きすることはあまりありません。 そして、嫌なことは続かないのが人間です。 大人でもそうなのに、わが子に嫌なことを続けさせようとしてませんか? 嫌なことをやらせるより、好きになることを考え

才能

神がかり的な才能ではなく、「みんなに与えられている能力」を「才能」と表現させてもらいます。 才能は、平等な能力です。 才能は、好きなことの中から芽吹きます。 人並みのことしかしないから、人並みの結果です。 人より時間をかけてやるから、人より秀でた結果が得られます。 楽して人より良い思いしようなんて、都合がいいのです。 さて、どんなことなら人より時間をかけて取り組めますか? 好きなことならできるでし

なぜ勉強しないのか?

毎日の食事の準備に例えます。 買い物に出かけ、時間をかけて作った料理を「美味しくない。」といわれた時、「明日は喜んでくれるように頑張って料理しよう!」と思えるのは、1度きり・・・。 2度目は、「頑張って料理したのに、美味しくないって!」と思います。 さらに、「美味しくない!」って怒られたら・・・。 でも、明日も料理をしなければいけません。 いつまで続くのでしょうか? 子供の学習も同じです。 一生懸

© 2020 IQ教室

054-687-9319

Tel