10才が大事な理由

幼児期、低学年までは、親の言うことが正しいと思っています。


ですから、親に言われたことを嫌なことでも忠実に実行しようとします。


ところが、10才前後になると、物事の行動判断が自分自身の内的要因か、自分以外の外的要因かといった認識を持つようになります。


今まで絶対だと思っていたものが、自分の意思で変更可能な余地があることに気づく年令です。


この心の成長に気づかない親は、最近うちの子は言うことを聞かなくなった。と感じます。


10才までと10才からでは心の成長を感じながら言葉がけを変えなければいけませんね。


やらされる勉強は続かないという理由の一つです。

最新記事

すべて表示

100点を取る勉強法

テストで70点台までは取れるけど、80点以上はあまり取れない。ということになっていませんか? 反復しながらなんとなく問題を解いているとこんなことになります。 失点の原因は、落としてはいけない基本は理解していますが、応用の理解までしていない。 計算ミスをして失点している。 問題文を正しく読んでいない。...等です。 これは、100点をとるための勉強をしていないということです。 間違えは、なぜ間違えた

集中力を育てるには。

子どもに勉強を教えていると、集中している時間が短いという相談をよく頂きます。 「集中していない。」とは、どんなことでしょうか? 時間が過ぎるのを待っている子 他のことに思いを馳せている子 考えている演技をしている子 説明を「音」として聞いている子 ...などでしょうか? このような態度は、外見上「授業を受けている。」いわれます。 きっと、座って時間がすぎれば、勉強は終わるという経験したことがあるの

成績を維持する方法

高学年で成績を維持するには、「穴」がない勉強をすすめることです。 新しい勉強は、常に既習分野の上に積み重なります。 穴があれば、新しい勉強はなかなか理解できません。 だから、解らないときの勉強は、大抵は基本からやり直しになってしまいます。 同じ方法でやり直すのか、もっと繰り返すのか、違う方法を試すのか、生徒にあったやり方を早く見つけないと時間切れとなります。 高学年では、できるだけ早く穴を探し、塞